学長・野風草だより

No.11 ~ 20

No.11 2010年11月22日(月)

近隣地域とのコミュニティー作りをめざす講義

東淀川区役所などや大桐地域の町内会と協力して、私と山本俊一郎准教授、原田多美子客員教授の3人で、土曜日の2、3時限に隔週で、防災・防犯を中心にした講義を行っています。約20名の学生が熱心に講義を聞き、実習に参加しています。大桐地域の方々も毎回数名が出席されています。経大のある地域の人々から愛されることなしに、経大が発展することはありません。地域に根ざす経大作りの試みです。ご支援、ご協力いただいている東淀川区役所、大桐連合振興町会はじめ、関係者の皆さまに篤く御礼申し上げます。

以下は、経済学特殊講義Ⅱ(大学と近隣地域とのコミュニティー作り)のシラバスの一部を抜粋したものです。

本科目は、地域との共生によって、みなさんの助け合い支え合いながら生きていく豊かな人間力を育成しようとするもので、初めて開講します。本学の新体育館 やA館のある地域である大桐連合振興町会と協力して地域の人たちと交わる中で、大学も加わった新しい地域コミュニティーの形成を目指していきます。大桐連 合との懇談において、とくに地域防災・防犯への要望が大きいことが分かりましたので、最初の取り組みとしてこの分野でおこなっていきます。神戸大学など震 災を経験した大学では、こうした地域と密着した連携科目をすでに活発に行っていますが、大阪市では初めての事であり、モデルケースとして東淀川区役所など の積極的な支援をいただきます。

教室での講義と、大桐地域での地域住民との現場学習との2本立てです。教室では、防災・防犯などについての基礎知識を区役所や消防署など現場担当者から学びます。そして、実際に大桐地域に出かけて、防火訓練や防犯パトロールなどを地域の人たちと一緒に体験します。

1/2回 10.9  本科目の意義と概略 地域共生ボランティアの意義と現状
3/4回 10.16  民間シンクタンクによる、大桐地域の防災活動について
5/6回 11.6  区役所による、平成20年度作成の大桐地域防災マップによる現地調査
7/8回 11.20 消防署との協力による、地域住民との防災訓練
9/10回 12.4 日本赤十字による、緊急時の活動についておよび救急訓練
11/12回  12.18 警察署などとの協力による、地域住民との防犯訓練 防犯パトでの巡回
13/14回 1.22 区役所による、区内の防犯・防災体制について、全体のまとめ