学長・野風草だより

No.120

No.120  2011年7月5日(火)

学生たちの多彩な活動を表彰

2011年度の第1回課外活動の表彰式が行われました。スポーツクラブの活躍はもとより、3本部のマナーアップ活動への協力、サークルなどによる3.11の東日本大震災への募金活動、ひったくり事件の被害者の保護など、学生たちの多彩な活動を表彰しました。うれしいですね。詳しくは、本学WEBサイトのトピックスをご覧ください。

バレーボールのサークル「SIXERS」の男子チームは、サークルが集まって競い合う第5回メークスカップ大会で準優勝しました。おめでとう。昨年は女子チームがやはり準優勝したそうです。キャプテンの福村大介君、マネージャーの玉置光明君からお話を聞きました。中学・高校のバレー経験者を中心にして2年前に作られ、現在は男女それぞれ20名ほどで、1週間に1回一緒に練習しているそうです。合言葉は、「ガチで楽しく!」。試合には、全員が出場できるように工夫しているそうです。女子サークルの石川奈津美さんは、「次の目標は男女とも優勝を目指すとともに、仲良く楽しむです」と答えてくれました。

ダンスサークルの「Battle Ground」の梅田一樹君は、Rookie Fight vol.8で、見事優勝しました。おめでとう。これは、関西の大学生150人ほどが出場して、1:1のソロバトルで勝ち抜いていくのだそうです。審査員3名が良かったほうに手をあげていき、6回の戦いすべてを3名全員梅田!で優勝したそうです。高校の時からやっており、10月には5回生とコンビを組んで全国の学生大会で優勝を目指して練習に励んでいるとのことでした。
サークル仲間からみた梅田君は、ふだんはおとなしいけど、踊りだすと人が変わる。負けず嫌いで努力する人だそうです。写真は、今年の10月末の学園祭で踊った時の出番前の梅田君で、右端です。少しだけ見ましたが、すごい迫力でした。