学長・野風草だより

No.168

No.168 2011年12月17日(土)

未来を作る若い力に「感動」 第1回プレゼン大会

この日は、学生奨学論文表彰式(野風草だよりNo.164)、摂津グラウンドでのBIG7フットサル大会(野風草だよりNo.163)と走り回り、最後がこの第1回プレゼンテーション大会でした。ちょっと疲れた・・・でも参加して吹っ飛んだ!これは職員さんたちが中心となって、企画・運営されました。。テーマは80周年記念事業の合言葉であるJump Up!現在の自分の思いや生き方を、これからいかにJump Up!させるかです。8名の学生にはそれぞれ職員のアドバイザーがついて、準備段階でサポートしました。当日の審査には、学外の審査員が2名参加していただいていました。篤く御礼申し上げます。

学生たちのプレゼンを聞いて、心の底から「感動」しました。大経大にはこんな素晴らしい学生たちがいるんだ!大経大の学生たちは未来を作る若い力、可能性を秘めている。私たち教職員がしなければならないのは、こうした未知の可能性を未来を作る現実の力に転化させる努力なのだろう。いろいろな仕掛けを作っていけば、学生たちは喜んで参加してくれることでしょう。すでにやっています。80周年企画(野風草だよりNo.154.155)、ZEMI-1グランプリ(野風草だよりNo.127)、ビブリオ・バトル(野風草だよりNo.131)などなど。そして今回のプレゼン大会。さまざま場面で、大勢の学生が発表したりスタッフとして活躍してくれています。少々困難なことがあっても、学生目線を断固として貫き、「そっと手を添え、じっと待つ」教育、「大経大スタイル」の教育を実現していきましょう。
今回のプレゼン大会は、大経大の今後の教育のあり方を示す先駆的なものだと思います。発表してくれた学生の皆さん、ありがとう。お世話いただいた職員の皆さん、本当にご苦労様でした。「感動」をいただき、ありがとうございました。来年の80周年にはもっともっとたくさんの学生さんに参加してもらって第2回プレゼン大会を成功させ、大経大の底力を発揮しましょう。以下は、最優秀賞の学生の感想と、お世話いただいた職員さんの感想です。

○最優秀賞 梅田 佑太さんのコメント
今回のプレゼンテーション大会で学んだことがあります。それは今回の最優秀賞は私一人で成し遂げたものではないということです。私の担当のアドバイザーの方にはいつも内容や発表の仕方についてアドバイスをもらいましたし、何度も私の都合のいい時間に練習に付き合っていただきました。また審査員、スタッフ、学生の皆さんの力でもあります。審査員の方々は私をジャッジしてくれる立場なので、もちろんそうなのですが、スタッフや学生は静かに聴いてくれ、プレゼンテーションをする上で最適な場を提供してくれたからです。もし、あの場がうるさい、聴いてくれないという状況ならば私の優勝はなかったと思います。
このように何か物事を成し遂げる時には必ず誰かが力を貸してくれているのだと実感しました。これからの人生、様々な困難が待っていると思います。私はそれを一つひとつ乗り越えていくつもりですが、その背景には誰かの助けがあるとしっかり認識し、感謝しながら生きてゆきたいと思いました。今回のプレゼンテーション大会に携わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

○担当職員のコメント
この企画は、自己分析、表現の習慣を身につけて目前に控えた就職活動に向けて幸先の良いスタートを切って欲しいという想いが出発点となりスタートしました。
集まってくれた参加学生に与えられた時間は約1ヶ月。そのため、運営担当者としては発表当日にどんなプレゼンを見せてくれるのか不安と期待が入り混じった気持ちでした。しかし、トップバッターの女子学生を見て心配が杞憂だということに気づかされました。期待通り全学生が精一杯の能力で工夫を凝らしたプレゼンをし、今の自分という壁を乗り越えていく様子を見ることが出来ました。その様子を見て、職員として学生の皆さんにアウトプットの場所を提供することの大切さに気づかされました。是非、この野風草だよりを読んでくれている学生の皆さんにも積極的に本大会のようなアウトプットの場を利用して頂きたいです。学生の皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

梅田 佑太さん(経済学部 3年) 最優秀賞
 「成功の反対は?」
加古 資弥さん(経済学部 2年) 優秀賞
 「旅と人…Jump up!」
辻本 光さん(経営学部 3年) 優良賞
 「学生が飛躍するためには・・・
  ~今、日本の学生は何をすべきか」
高鷲 摩耶さん(経営学部 3年) 
 「プレゼンと私」
中西 香織さん(経営情報学部 1年) 
 「自分にGirls be ambitious ! 」
前田 加奈子さん(経営情報学部 3年) 
 「なでしこたちの開花 ~女性の社会進出と私の道~」
陣内 雅美さん(経営学部 3年) 
 「Action for Jump up ! 」
和田 知可子さん(経済学部 2年) 
 「私と経大生が共に成長するには ~授業への向き合い方を通じて」