学長・野風草だより

No.196

No.196 2012年3月31日(土)

体育会クラブを飛躍させるのは、君だ!

C31教室で、スポーツAO入試で入学したクラブ学生のアスリートリーダー会議が60名の参加で行われました。宋仁守学生委員長から勉学やクラブ活動に対する心構えなどに関する講話がありましたが、その前に私が簡単に挨拶しました。スポーツをする限りは、No.1を目指して頑張ってほしい。君たちの力でアイススケート部に続いて、全国優勝を実現してほしいと激励しました。そして、4年間で必ず卒業できるように、勉学をおろそかにしないように注意を促しました。
以下の文章は、毎年新歓に向けて体育会本部が発行している「体育会誌」に載せたものです。体育会本部は、バトンを受け継いで、今年でちょうど50代となります。先輩たち、ご苦労様でした。懐かしい1代目本部と今年活躍してくれている50代目本部の写真も載せてみました。

君のNew Powerで、No.1、全国優勝をめざそう!

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。スポーツが大好きな君、クラブに入ろうかどうか迷っているあなた、思い切ってクラブにチャレンジしてみませんか。
 クラブは上級生がいてうるさいし、中高でもう充分だ!でも、上級生や先輩OBとつながりを作る機会は、他にあるでしょうか。毎日真剣に練習した成果を、他大学との試合でガチンコ試すのって、おもしろいじゃないですか。他大学の学生と交流も出来るでしょう。組織はきらいだ!でも、会社だってこの大学だって組織です。考え方を切り替えて、社会人としての規律、マナーを身につける場だと思ったらどうでしょう。クラブで4年間頑張ったことは、就職にも絶対有利なはずです。
クラブに入ったら、勉強出来ないんじゃないか?いいえ、大経大のクラブは、講義、ゼミ優先です。文武両道とよく言われますが、クラブをしながら、4年間で 卒業するのは当たり前です。スポーツをするためだけに大経大に入ったのではありません。ちゃんと勉強していると、クラブだけでなく、ゼミ友だちや講義仲間 を増えていきます。

さて、チームが強くなるには、どうしたらいいんだろう?毎日同じ練習を繰り返しているだけに終わってないですか。先輩や監督・コーチに言われたことしかやってないのじゃないか。強豪、一流といわれるチームやアスリートの本をよんだり、練習を見学に行ったりした事はあるかな。自分たちの力で強くなるんだと考え、自ら工夫しない限り、一部リーグで、大会で優勝することは出来ません。ここは、思い切って、一部に昇格する、優勝すると、みんなの前で公言してみませんか。これが、優勝GET!への第一歩です。
挨拶をしたら、強くなる訳ではありません。でも、強いチーム、アスリートは、みんなきちんと挨拶が出来、周りの人たちを気持ちよくさせてくれます。新入生の皆さん、体育会の皆さん、まずは、挨拶しませんか。

大学は、皆さんの活動を応援するために、昨年12月に学生部の中にスポーツ文化振興室を作りました。何かあれば、気楽に相談に来てください。昨年、アイススケート部はショートトラックで全国優勝しました。今年は、大経大の創立80周年です。新入生の皆さん、体育会に入って、君の活躍でクラブをNo.1 全国優勝させませんか。そしてNew Powerで、体育会を、大経大を変えていきましょう。