学長・野風草だより

No.24

No.24 2010年12月18日(土)

学生奨学論文で特選が2本も

経大学会の学生奨学論文も23回目となりました。昨年、久しぶりに特選の論文が出ました。さて、今年はと思ってたら、何と2本も特選論文が出たのです。経済学部の一色郁弥君、菅原啓君、おめでとう。読ましていただきましたが、難しくてよく分かりませんでした。すいません。指導された小川貴之先生、渡邉正英先生、御苦労様でした。渡邉先生は昨年に引き続きですよね。審査委員の先生方も、両論文ともオリジナリティーあふれるものと高く評価されていました。

また今年は初めて、特選の2人に論文内容を15分で発表してもらいました。緊張してたけど、良かったですよ。入選の2本、佳作の5本、努力賞の4本の皆さんも、よく頑張りましたね。この奨学論文は学生の皆さんの研究力量が問われます。ゼミ大会はプレゼンテーションが主な審査基準になります。両者あいまって、学生の実力、学力が今後とも高まることを期待しています。

審査委員長の片山麻美子先生はじめ審査に当たられた先生方、研究支援課の皆さま、御苦労様でした。

学生奨学論文 2010年度 審査結果