学長・野風草だより

No.71 ~ 80

No.71 2011年4月17日(日)

野球部の新人、大活躍、さあ、神宮へ一直線

17日は午前中に日本拳法部の試合を応援してから、午後は「ほっともっとフィールド神戸」に出かけて、勝田理事長と一緒に硬式野球部の試合を応援しました。職員さんも4名駆けつけてくれていました。関西六大学野球連盟のパンフ「六魂球心」のアンケートによると、チームカラーは「最後まであきらめない野球、つなぎの打線、守備力」だそうです。
基礎演習のゼミ生だった長江翔太君が、前節の京産大戦で、初完投、初勝利、そして2勝して勝ち点をあげていましたので、ぜひ応援してあげようと思っていま した。うまい具合にこの日先発してくれました。以下は、主務の吉田君のコメントです。吉田君は私の専門ゼミ生で、他に大坂君、木村君もいます。みんなで一 緒に神宮へ行こうな!

4月17日(日)対神戸学院大学2回戦を振り返って
大阪経済大学硬式野球部 主務 吉田尚司

前日の試合では終盤までリードしていたのにも関わらず、逆転負けを喫し、部員全員が悔しい思いをしました。今日負けると勝ち点を落としてしまい、優勝争いから脱落してしまうという後ない状態で、部員には危機感がありました。試合前のミーティングでは、小松主将が「今日はとにかく勝ちにこだわって戦おう!」と全員に呼び掛け、選手全員が「目の前の試合に全力を尽くす」ことを確認しました。

試合では、ベンチ全員で声を出し一丸となって戦いました。終わってみれば、先発ピッチャーが9回を投げ抜き、打つ方ではホームランが飛び出すなど、効果的に得点を重ね、完勝することができました。
今年のチームは戦力も充実しており、個々が与えられた役割をきちんと果たせば必ず優勝出来ると信じています!ここ数年は優勝から遠ざかっているので、今季は何としてでも優勝し、神宮で経大の学歌を歌いたいと思います!応援何卒よろしくお願いします!!