学長・野風草だより

No.82

No.82 2011年5月6日(金)

大経大の仲間が集まる和食堂が10周年

私たちの仲間が集まる和食堂「きよかわ」は、この5月で10周年を迎えました。常連の仲間たちで、花とケーキのプレゼントをしました。会議が終わった金曜日の夕方、三々五々集まりワイワイしゃべり飲んで、そして適当にバラバラ帰っていく。授業やゼミで困っていることを相談したり、研究で行き詰っていることを打ち明けたり、梅田のおいしい店を紹介されたり、テレビで広島カープを応援しながらと、私たちにとってありがたいお店です。大将と女将さんの人柄でしょうか、気安いお店です。私が行き始めたのは2002年の4月からですので、開店以来のお馴染みさんになります。きっと1年で数十回は行ってることでしょう。仕事に疲れて、一人で立ち寄ることもあります。終電車は、上新庄駅発11:51!

大将によると、よそで修業していてそろそろ独立しようかと思っていたら、たまたま上新庄でいい物件が出て開店したらしいです。この10年をふり返ってみると、最初からあんまし儲からないのはわかっていたし、チェーン店が増える中で、ここまでようやって来れたなと思う。先生らのおかげです。国産で旬の野菜や魚、肉、そして春鹿などのおいしい酒を提供していきたいが、高級食材を求めることはしたくない。値段の高い高級料理が食べたかったら、梅田に行ってもらえればよい。ここ上新庄で相性の合うお客さんと末永くやっていきたい、と抱負を語っていました。上新庄に根付くこうしたお店をこれからも応援していきたいですね。