学長・野風草だより

No.87

No.87 2011年5月12日(木)

東日本大震災の被災地へ、ジャージを送る

野風草だよりNo.76で、ジャージを送ろうという緊急支援のお願いを書きましたが、学生、教職員のご協力のおかげで、ジャージ114着、ジャージの上着15着、靴下7着が集まりました。思った以上に集まり、2人の職員さんが自家用車を出してくれて、大阪市ボランティア情報センターに届けました。センターの担当者の話では、大経大からの提供が一番多く、感謝されたとのことでした。皆さん、ありがとうございました。

硬式野球部、サッカー部、ラグビー部などがクラブをあげて協力してくれたことに感謝します。また、ある先生は、ご近所を回って集めてくれたそうです。ありがたいですね。職員さんは、次のような感想を述べていました。「被災地に何か出来ることはないかと、今回運搬役と事務局を名乗り出たのですが、これをやらしていただいたおかげで、このようにフットワークかるく協力してくれる先生や仲間、学生に囲まれていることがわかり、本当にうれしく思いました。」
 これから被災地の人たちの復興への地道な活動が始まると思います。今後とも息長く支援を続けていきたいと思います。