学長・野風草だより

No.90

No.90 2011年5月13日(金)

学歌で始まる卓球のリーグ戦

京都府立体育館で、2011年度春季関西学生卓球リーグ戦があり、応援に出かけました。右のポスターのどれが大経大かわかりますか。左端の上のガッツポーズです。大経大は、昨年1部に昇格しました。8校による総当たり戦です。最初に、各大学の選手が学歌をアカペラで歌っていきます。下の写真のように、「大淀の 水は 春ゆく・・・・」、びっくりしましたね。
その日は、1部で一番強く、個人ランキング1、2位の選手がいる近畿大学との対戦でした。すごいスピードで打ち合い、スマッシュが決まれば、みんなで「よっしゃ!」の声がかかります。しかし、残念ながら負けました。以下は、主将のメッセージです。秋季リーグ、頑張ろうぜ!

春季リーグ戦について(卓球部)
今回、私たち卓球部は昨年の秋季リーグ戦で2部優勝し、1年ぶりの1部リーグ昇格を果たして、6日間にわたる1部リーグに臨みました。 今まで頼りにしていた4回生が卒業し、新しく1回生を迎え入れての新チームは何かと不安のたえない中、部員全員で1部リーグに残留できるよう少ない時間の中頑張って練習を積み重ねてきました。
しかし、やはり1部の壁は厚く残念ながら目標を果たせず、2部に降格してしまう不甲斐ない結果になってしまいました。卒業した先輩方の存在の大きさを感じ、今後は秋季リーグ戦での2部優勝、1部昇格を目指しつつ、卒業された先輩方を目標に練習に励んでいきたいと思います。

卓球部主将  北 勇武