学長・野風草だより

No.98

No.98 2011年6月5日(日)

剣道部創部50周年のお祝い「静中動」

剣道部の創部50周年のお祝いが、午前中は体育館でOBと現役との合同稽古の形で開かれました。午後は総会・懇親会で、OB70名と現役20名が集い、勝田理事長、佐藤同窓会長などが出席されて、お祝いされました。午前中の合同稽古で、OBと現役が一緒に汗を流す姿は、美しいものでした。幾つになっても、一緒に稽古ができるなんて、すばらしいですね。写真に写っている手前左の現役の中島陵太君は、7月3日に開かれた第59回全国学生剣道選手権大会で、見事ベスト16に輝きました。これは創部以来の快挙だそうで、創部50周年に花を添えました。

昭和38年に卒業された松尾剛男教士7段から、以下のような感想を寄せていただきました。「我が経大剣道部は、昭和35年に同好会から発足し、その後、剣道部に昇格して50数年になります。顧みますれば、長いようで早かった50年、私が経大に入学して、今は70歳の古希を迎えております。これもひとえに、創部当初から各年代の先輩諸氏のご努力の賜物であり、関係各位のご指導、ご支援によるものと深く謝意を表す次第であります。

この度、創部50周年を記念してOBの諸氏と現役部員との稽古会を開催し、うれしい汗をいっぱい流しました。その後、OB総会で創部から今日までの経過を 回顧し、そして創部50周年という記念すべき日を起点として、さらに剣道部が飛躍向上をめざして、力強く歩み続けてまいりたいと、参加者全員で決意を新た にしております。総会では、理事長、副学長(剣道部部長)、同窓会長の各位から本当に暖かいお言葉を頂戴し、我々OBおよび現役部員は大変喜んでおりま す。そして懇親会では、各年代が各所で輪になり、本当に『同じ学び舎の友』と心を癒し合い、感動する『触れ合いの場』として、親睦を図っていただけたのは 何よりの幸せであります。
今後とも、皆さん方のなお一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。最後に私事ですが、何時までも元気で生涯剣道に挑戦し、人間形成の『生きる道』に向かって精進を重ねて参ります。」なお、松尾様は、総会で功労者として、表彰されました。

次は、今年卒業したばかりの河野岳さんの感想です。現役時代は、主務として活躍されました。「剣道部創部50年という長い歴史の中に、私達が歩んだ4年間というのは、本当に短いものでした。しかし、その短い4年間には様々な出会いと経験が濃縮され、とても充実した日々を送る事が出来ました。偏に、熱心なサポートで活動を応援して下さる剣道部長の草薙先生、剣道の技術だけでなく様々な『人道』を教えて下さる田中師範を始め、監督、多くのOBの先輩方の御指導御鞭撻によるところが大きかったと存じます。苦しく悩んだ事が結果に結び着いた達成感、また、結びつかなかった時の悔しさ、それらを分かち合う大切な仲間達、剣道部で過ごした時間は一生の宝物です。

私は今、社会人1年目として想像以上の社会の厳しさに早くも戸惑っております。そんな時、先輩方の温かい励ましと後輩達の頑張りが私の背中を押してくれるのです。大阪経済大学剣道部の世代を超越した『つながる力』という財産を絶やさぬよう、これからはOBという立場で剣道部を盛り上げていきたいと考えております。」

「静中に動あり」、これが大経大剣道部の極意です。50周年、本当におめでとうございます。現役諸君、日本一をめざして、心・技・体を磨いて下さい。