日本経済史研究所

姜尚民 (カンサンミン)

姜尚民 (カンサンミン)

〔専門分野〕経営史,中小企業,企業ネットワーク

〔研究課題〕中小企業におけるネットワーク関係,産業集積の持続メカニズム,製靴産業の経営史

〔最終学歴〕立命館大学大学院経営学研究科博士後期課程 在学中

〔取得学位〕経営学修士

〔研究業績〕
〈共書〉
松野周治,今田治,林松国編『東アジアの地域経済発展と中小企業』晃洋書房,2016年,「第10章 韓国中小企業の再編成と高度化」,175-193

〈論文〉
「製靴産業における研究開発体制の生成と展開―韓国釜山地域の事例―」
(『立命館経営学』第55巻4号、2017年1月、58-83頁)

Changju Kim, Eunji Seo, Junghwa Hong, Sangmin Kang, Stephen J. Newell 'The Antecedents and Consequences of Effective Brand Positioning', Asia Marketing Journal, Korea, Korea Marketing Association, 2015, pp.33-51

「韓国製靴産業における寡占体制の形成と解体―国際商事の事例を中心に―」
(『社会システム研究』第31号、20159月、51-81頁)

金昌柱,角谷嘉則,姜尚民,吉田創,「地域コミュニティにおける中小小売業の基盤」
(『立命館経営学』第542号、20159月、67-85頁)共著

 「企業類型化におけるネットワーク構造―韓国製靴産業集積の事例―」
(『アジア経営研究』2020148月、49-62頁)

「産業集積の縮小による靴産業の構造変化―韓国の釜山地域の事例―」
(『立命館経営学』第521号、20135月、143-172頁)

Proceeding
'Sustainability of the Industrial Cluster and Network Structure in the Footwear Industry: Community Based Enterprises Approach', International Federation of Scholarly Association of Management, International Federation of Scholarly Association of Management; Japan Academy of Business, 2014, p164

〈共著報告〉
「韓国釜山地域中小企業高度化の現状と政策:20138月実態調査報告」
(『社会システム研究』第28号、20143月、243-287頁)

「中国湖南省株洲市経済企業調査(201212月)報告」
(『社会システム研究』第26号、20133月、201-227頁)


〔最近の動向〕
 韓国の製靴産業を対象に、産業集積のメカニズムを時系列的およびネットワーク視点から捉えて研究しています。主に、フィルドワークを通じ、複数事例に重点を置く定性研究を行っています。その成果として2016年に『東アジアの地域経済発展と中小企業』(松野周治、今田治、林松国編、晃洋書房)のなかで「第10章 韓国中小企業の再編成と高度化」(175-193頁)を執筆しました。また、中小企業のネットワーク視点から「製靴産業における研究開発体制の生成と展開―韓国釜山地域の事例―」(『立命館経営学』2017年)を執筆しました。今後は、企業ネットワークの中で協力関係に重点を置いて、産業集積の持続メカニズムに協力的文化が及ぼす影響を研究する計画です。

(2017年5月)