大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 特集:柔道部 経済学部 3年 奈良大学附属高校卒業

  • 特集:柔道部 経済学部 3年 奈良大学附属高校卒業

チームの雰囲気の良さに惹かれて、大経大への進学を決意しました。

柔道を始めたのは小学校3年生から。
3人兄弟の末っ子でやんちゃだった僕を、父が「礼儀作法を学んでほしい」と街の道場に連れていったのがきっかけです。
最初はイヤイヤでしたが、道場に通ううちに楽しくなり、両親が一生懸命応援してくれたこともあって、中学生の頃には真剣に取り組むようになっていました。

高校3年生の時、大経大柔道部の練習に参加。
いわゆる強豪校ではありませんが、部の雰囲気がとても良いのが印象的でした。
練習中は真剣勝負。皆プライドが高くて負けたくないから、まるで喧嘩のようにエキサイトすることもあります。
けれど、練習が終わった瞬間、がらっと空気が切り替わって笑い合っている。
そういうメリハリのついたチーム性に惹かれ、「どうしても入りたい」と大経大への進学を決意しました。

ストイックな仲間に囲まれ、柔道だけでなく勉強・バイトにも全力投球。

高校でも大学でも柔道の練習内容は基本的に同じ。
決定的に違うのは、高校は決められたメニューを「やらされている」のに対して、大学ではどこまでやるかを自分自身にまかされている点です。
サボろうと思えばサボれる。けれど、大経大の柔道部メンバーはストイック。
一人ひとりが強くなりたい、勝ちたいという気持ちがすごく強いんです。
そんな仲間に引っ張られて、自分も成長できた気がします。
同期の部員に誘われて、練習以外に大経大の体育館で筋トレを始めたのもその一つ。どんどん筋肉がついて、高校時代とはずいぶん身体が変わりました。

柔道以外でも、しっかり勉強して単位を取り、バイトも週5回くらい入っています。
僕だけでなく、柔道部では全員がそんな感じ。練習以外でもきちんと生活にメリハリをつけています。

部として8年ぶりの全国大会に出場。個人では関西60kg級で準優勝!

今シーズン、部として8年ぶりの全国大会出場を決めました。
これも、チームワークでお互いを高め合った結果だと思います。
僕自身は、高校時代までメンタルが弱く、強い相手とあたると「また負けてしまうかも…。」
と試合前にあきらめてしまう部分がありました。
けれど、毎日仲間と「勝つ、勝つ、勝つ」と叫んでいたら、小・中・高校時代に一度も勝てなかった相手に勝利し、関西60kg級で準優勝。
これも柔道部の仲間がいい影響を与えてくれたおかげです。

あとは応援の力。大経大では、試合で柔道部以外からもいろんな人が応援に来てくれるのですが、
試合中に追い込まれた時、大声援が聞こえるとすごい力が湧いてきます。
全国大会では1回戦敗退で涙をのみましたが、来年も絶対にこの舞台に戻ってきたいです。
公務員を目指しているので、その勉強も始まりますが、
仲間同士助け合えばきっとどちらも叶うと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る