大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(印刷) 情報社会学部 4年 東大阪市立日新高校卒業

  • 内定者(印刷) 情報社会学部 4年 東大阪市立日新高校卒業

もっと成長したい、そう思って厳しいと評判のゼミに。

商業高校出身なので、経済・経営学に興味があったのですが、
自分の視野を広げることができそうだと思い、経済・経営学に加えて情報学や社会学も学べる情報社会学部に入学することにしました。

授業ではよくパソコンを使いました。そのため、独学でMOSを取得。部活はボランティア部に所属して、3カ月に1度ほど活動しました。
高校時代は部活に必死だったのですが、大学ではそこまで何かに夢中になることが見つかりませんでした。
ふと、自分を振り返った時に「あれ、今の私、高校時代の自分に負けてない?」と思うことも。
そこでゼミ選択の際には、課題が多くて忙しいと有名な中村ゼミを志望。「ここしかない、このゼミで夢中になれるものを見つけたい」という気持ちでした。

企業とコラボして「学生による大学での子ども預かりサービス」を提案。

中村ゼミでは、企業と共同研究してビジネスプランを提案・発表するという課題が出されます。
私たちは共同印刷西日本株式会社様と一緒に、ビジネスプランを考えました。
アイデアのきっかけになったのは、女性の社会進出による待機児童の問題です。
ビジネスプラン名は「OKE〜学生による大学での子ども預かりサービス〜」。
幼稚園が終わる14時以降に、大学で大学生が子どもを預かるというサービスです。
共同印刷西日本株式会社様には、子どもの出欠管理システムの構築をご協力いただくプランでした。

このビジネスプランをスライドにまとめ、学内プレゼン大会「ZEMI-1グランプリ」で発表。準優勝という結果を残すことができました!
またキャンパスベンチャーグランプリや、京都学生サポート支援ビジネスプランコンテストなどの他のコンテストにも応募し、4つの賞をいただきました。
ゼミ活動を本気で取り組むことができ、満足しています。

ゼミで関わった企業が第一志望に。社員として恩返ししていきたい。

ZEMI-1グランプリは、私にとって一つのターニングポイントになりました。
私の発表を見てくださった審査員の方から「発表が上手だった。あなたはきっと営業職が向いているよ」と直接言われたのです。
それまで営業職だなんて考えたこともなかったのですが、言われてみれば確かに面白そうだと思いました。

そこで就職活動では、食品業界や印刷業界の企業30社ほどの営業職にエントリーしました。
いくつか面接にも進んだのですが、密かな本命はゼミでお世話になった共同印刷西日本株式会社でした。
それはゼミ活動の過程で印刷業界、そして共同印刷西日本株式会社という企業に興味を持ち、「ここで働きたい」と強く思うようになったからです。
選考を経て内定した時は、本当に嬉しくて、手の震えが止まりませんでした。
ゼミでお世話になった分、次は社員として恩返ししたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る