大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(商社) 情報社会学部 4年 岡山県立倉敷商業高校卒業

  • 内定者(商社) 情報社会学部 4年 岡山県立倉敷商業高校卒業

教員免許の取得を目指して大経大へ。野球も継続しています。

僕は小学校1年生からずっと野球を続けてきました。中学生で全国大会に出場、高校時代も甲子園大会に出場。
一時は本気でプロ野球選手を目指していましたが、上には上がいると実感して、高校で野球を引退しました。
大経大へ入学を決めた理由は、教員免許を取得したかったからです。野球を続けるつもりはありませんでした。

しかし、大学へ入学して数か月が経ったある日、高校の野球部の先生から一本の電話がかかってきたのです。
「なんで大学でも野球をしないんだ。せっかく続けてきたのにもったいないぞ」
どうやら僕が大学で野球をしていないことが先生の耳に入り、心配して電話をくれたようでした。
やっぱり野球部に入ろう、そう思い直し準硬式野球部に入部を決めました。

準硬式野球部で初めての全国制覇を達成!感動しました。

部活では1年生のうちからレギュラーとして試合に出させてもらいました。
この年、部として初めて全国大会へ出場!みんなで喜びを分かち合いました。
しかし僕が2・3年生の時は、全国大会出場は叶いませんでした。先輩を全国へ連れて行けず、とても悔しかったです。

そして最終学年の4年生、僕は副キャプテンとしてチームの団結力を高めることに力を注ぎました。
4年生は28人いるのですが、レギュラーであろうとなかろうと、全員同じ気持ちで試合に臨めたと思います。
4年生の意地を見せましたね。3年ぶりの全国大会出場が決まった瞬間は、みんなで抱き合って涙しました。
さらに、全国大会でも他大学を圧倒するチームワークで優勝!全国制覇を達成したのです。感動でまた全員泣きました。
本当に野球をやめないで良かったです。部活の仲間はもちろん、応援してくれた友人、先生、両親にも感謝の気持ちでいっぱいです。

野球部で磨いた向上心を武器に、狙いを絞って就職活動。

周りの就活生と違って、僕はギリギリまで部活を続けました。だから就職活動は短期決戦。
志望先は一部上場の商社数社に絞りました。
教員免許取得見込みなので高校教員も選択肢にあったのですが、
「社会に出てからも高い目標に向かって成長を続けたい」と考えた時、結果が数字で表れる営業という仕事に魅力を感じました。

就職活動において、ずっと続けてきた野球の実績は大きな自信につながりました。
中学・高校・大学それぞれで全国出場を果たしているので、面接でも野球の話で盛り上がることが多かったですね。
結果、3社から内定をいただきました。

中でも特に雰囲気が自分に合っていて、成長できそうな椿本興業へ就職することに。
野球で培った礼儀や向上心、あきらめない姿勢を生かして、営業としても好成績を残していきたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る