大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(損害保険) 情報社会学部 4年 大阪府立東住吉高校卒業

  • 内定者(損害保険) 情報社会学部 4年 大阪府立東住吉高校卒業

パソコンの苦手な私が、資料作成コンテストに応募して奨励賞を受賞。

高校生の頃、漠然と社会学に興味があったのですが、「大経大の情報社会学部は、社会学だけでなく、経営・経済学や情報学についても学べるので幅広い」
と高校の先生に教えていただき、志望することにしました。
実際に入学してみて、自分の興味に合わせて学びたい方向を選べる良さを実感しています。
社会学の授業を多めに取りつつも、苦手なパソコンを克服するため、データマップを扱う草薙ゼミに所属することに。
ゼミではパワーポイントや統計ソフトのジー・センサスを使って、資料作りに挑戦。
学外のプレゼンテーション資料作成コンテストに応募し、奨励賞をいただきました!
また、何か形になるものを手にしたいと思い、資格講座に通ってファイナンシャル・プランナー2級を取得しました。

学業以外にもダンスサークルとして活動したり、カフェや結婚式場でアルバイトをしたりと積極的にいろんな人と関わるようにしていました。

準備万端で臨んだ面接で、「あなたの本当の姿が見えない」との指摘が。

大学3年生の後半からは就職活動を意識するようになりました。大学主催の業界研究セミナーや企業説明会に参加。
ファイナンシャル・プランナーの資格をアピールでき、「女性が長く活躍できる」「ワークライフバランスを重視した職場環境がある」といった観点から、
金融業界を目指すことに。中でも、エリアを限定した総合職の採用がある損害保険業を第一志望にしていました。

短期インターンシップに参加したり、面接対策をしたりして準備を万端に整えて、約30社にエントリー。
本格的に就職活動をスタートさせました。
しかし、ある企業で面接官から「あなたの本当の姿が見えない」との指摘が。
それまで自分がどんな人間かよくわからないまま、面接を受けていたのかもしれません。
「私の長所って何だろう、何をアピールしたら良いのだろう」と考え込んで途方に暮れてしまいました。

教授のアドバイスのおかげで自分の強みが明確になりました。

そこで、私のことをよく知ってくださっているゼミの教授に相談することに。
研究室でアドバイスしていただきながら、自分がこれまでに挑戦してきたことや趣味、好きなことを紙に書き出してみました。
まるで枝のように分かれている私の好奇心の「根っこ」にあるものは何か探っていくうちに、
「あなたは、周りを楽しませることが好きなんじゃないの」と先生に言われました。
そう言われてみると、自分がこれまで挑戦してきたことの共通点が明確になり、ストンと腑に落ちました。

“周りを楽しませることが好き”。これは自分一人では気付けなかった、私の「強み」でありモットーです。
この自己分析を経てからは、面接の際に長所をしっかりアピールできるようになり、自分らしさを伝えることができました。
先生のご指導のおかげで、志望していた金融業界5社から内定を獲得!春からは念願の損害保険会社で働きます。
会社内はもちろんのこと、お客様との信頼関係をしっかりと築いて、周りの人から頼ってもらえるような存在になりたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る