前学長・野風草だより

No.904

No.904 2019年3月20日(水)

山本俊一郎新学長の就任記者会見

 春の花便りが聞こえてくる季節となりました。我が家の庭でも、たくさんの花が咲きはじめ、心を和ませてくれます。10年も20年も待っているうちに、ほとんどの花は咲いてくれるようになるのですが、裏庭の山吹だけが十分に咲いてくれません。待てば開花の日和あり、山吹さん「そっと手入れしながら、じっと待ちますよ」。
 右の写真は、左上から時計回りに、雪柳、木瓜、沈丁花、南京桃、白木蓮、黄水仙です。カラフルで心が和みます。

 4月1日より学長に就任する山本俊一郎教授の記者会見が、D80で開かれました。最初に私から簡単なご挨拶をした後で、山本新学長より今後の抱負が述べられました。そして策定の中心となった山本新学長より、100周年ビジョン「DAIKEI 2032」が発表されました。「生き続ける学びが創発する場となり、商都大阪から、社会に貢献する“人財”を輩出する」のミッションのもとづき、5つのビジョン、それらを具体的に実行するために、2019~2023までの5年間の「新第一次中期計画」が紹介されました。
 また、今年の入試状況が入試部長から報告され、2万4千人と史上最高の志願者総数となり、7年連続で増大してきたことが報告されました。

 さらには、この秋学期に開催する、「大経大A and Live髙田明presents大阪・関西万博講座」が紹介されました。これは2019年度より特別招聘教授に就任される本学卒業生で、ジャパネットの創業者である髙田明さんからの寄付による講座です。また、2年ぶりに1部に再昇格したサッカー部の新しいユニフォームのお披露目が行われました。胸には、本学卒業生の矢倉英一さんが社長をされているA.I.Tのスポンサーロゴが入っています。他にも卒業生が活躍している企業からのロゴも入っています。こうした卒業生の皆さまのご支援に、深く感謝いたします。
 記者会見の様子は、大阪日日新聞、産経新聞、毎日新聞などで掲載されました。共同通信より全国の新聞にも配信されました。山本新学長の地元である小豆島でも話題になりましたし、私の友人である山形県の農家からも記事見ましたよと、うれしい電話がありました。

*なお、この会見で私から「全国最年少の学長」と紹介しましたが、誤りでした。調査不足のため関係する皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、「全国有数の若い学長」と訂正させていただきます。

 今回をもって、野風草だよりは終わりとなります。作成していただいた職員の梅原猛、大石恒光、伊藤和人の皆さま、ありがとうございました。8年半にわたりお読みいただいた皆さまに、心から感謝申し上げます。今後とも大阪経済大学を宜しくお願いいたします。

FIN