大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 特集:ZEMI-1 情報社会学部 3年 大阪府立豊島高校卒業

  • 特集:ZEMI-1 情報社会学部 3年 大阪府立豊島高校卒業

ゼミではビジネスプランを作成。企業との共同研究に取り組みました。

所属ゼミでは「最新のICTを利用したビジネス」をテーマに、チームに分かれてビジネスプランを作成。
ZEMI-1グランプリを始め、各種ビジネスプランコンテストへの応募を行っています。

私たちのチームが取り組んだビジネスプランは2つ。
サカイ引越センター様との共同研究である「学生による企業評価サービス~CAS~」、
及び「アンビエント社会における次世代型住宅セキュリティシステム『B-PEASE』の提案」です。
サカイ引越センター様との共同研究では、当初、アフターサービスのフォローアプリをご提案。

しかし、先方から「専門業者が作成するアプリのようなものではなく、学生と企業が共に課題に取り組むことで、
学生の新しい考え方を企業に取り込めるようなものを。」と意見をいただき、プランのテーマから変更することになりました。

難航する共同研究。でも、参加するからには絶対に優勝!

そこで、視点を変え、新規顧客獲得をテーマに新たに誕生したプランが「CAS」です。
企業がWebサイト等で発信している情報と、利用者の口コミやTwitterなどを、中立な立場の学生が分析し、今後のサービス向上に生かしてもらうというもの。
この時点で8月中旬。

10月のZEMI-1まで時間がありません。加えて、企業様との共同研究であるため、学生だけのスケジュールだけでは動かせず、
内容の打ち合わせ、公表できる範囲の確認など、進行に手間取っていました。
もう1つの「セキュリティシステム」のプランで応募することも考えましたが、2015年のZEMI-1のテーマは「Action」。
絶対に「CAS」の方がテーマに沿っています。
チーム全員がかなり悩みましたが「参加するからには絶対に優勝したい」との想いから、「CAS」でZEMI-1に参加することを決めました。

チーム全員が力を合わせて納得のプレゼンが完成。最高の結果を勝ち獲ることができました。

8月から動き始めた「CAS」の内容がなんとか固まり、プレゼン資料が出来上がったのはZEMI-1の
応募締め切り間際。企業への追加質問の回答待ちで、穴あき部分もある状態での提出となりました。

そこから、本番までの約2週間は資料作成、プレゼンの練習、企業との連絡など役割分担をして、
チーム全員がフル稼働。
かなりギリギリの状態でしたが、メンバー各自が長所を生かしつつ、他の足りない部分を補い合い、納得のプレゼンが完成したのは本番の2日前でした。

結果は予選・本選共に1位の完全勝利。
並行して進めていたもう1つのビジネスプラン「セキュリティシステム」も、
キャンパスベンチャーグランプリ大阪にて特別賞を受賞しました。
最高の結果を出せたのは、チーム全員で力を合わせたから。1人の力を遥かに超える仲間の力を実感しました。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る