大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コース 4年 神戸市立兵庫商業高校卒業

  • 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コース 4年 神戸市立兵庫商業高校卒業

悩んでいる子どもを応援したい。体育の教員を目指し大経大へ入学。

僕には姉が二人いるのですが、幼い頃から比べられて育ち、昔はそれが少しコンプレックスでした。
でも、姉は姉、僕は僕であると自分のキャラクターを周りに理解してもらうことで、
自分らしく生きることができると気づいてからは、生活が楽しくなりました。
そして、僕みたいな悩みを抱えている子どもを応援したいと思うようになったのです。
運動が好きだということもあり、体育教員という職業を進路として考えるようになりました。
大経大へ入学を決めたのも、教員免許が取得できるからです。

入学後は大学のサポートを活用して、いろんな人と積極的に関わりました。
高齢者対象の健康教室「きさんじ塾」でシニアの運動を手伝ったり、「だいけいだい教室」で小・中学生に勉強を教えたり。
幅広い世代と交流することで、コミュニケーション能力を磨くことができたと思います。

自分がプレイするだけじゃない、スポーツへの関わり方を実感しました。

僕にとって人間科学部の授業はハズレなしでした。どれも面白くためになります。
例えば「地域スポーツ論」という授業で、先生が
「スポーツにはプレイする、観る、支えるという参加の仕方がある」とおっしゃった時は目から鱗でした。
スポーツにおける「支える」と言う視点に初めて気づかされたので、今でも印象に残っています。

また「産業実習」ではスポーツの指導方法を理論と実践を通じて学ぶことができました。
指導者は右斜め後ろに立つと圧迫感が少なくなる、ストレッチの始めと終わりは声の抑揚を変えるように気をつける、
といった具体的な指導方法は「きさんじ塾」ですぐに役立ちましたね。

さらに、人間科学部にはスポーツだけでなく心理学の授業もたくさんあります。
心と体の両側面から人間を深く学ぶことができ、教員としての指導の幅が増えたと思います。

やっぱり教員になりたい。就職活動を通じて決意を新たに。

大学3年生になると、周りの友人たちが就職活動を始めました。
元々教員を目指していた僕ですが、ふと「このまま立ち止まらずに教員になっていいのだろうか」と思うようになりました。
そこで、教職の勉強は継続しながら一般企業への就職活動も開始。会社説明会に参加したり、企業面接を受けたりしました。
今まであまり会社を知らなかったので、就職活動を通じてさまざまな企業や仕事を知れたのはとても勉強になりましたね。
どの仕事も、それぞれ魅力的でした。でもやっぱり、僕は教員になりたいと思いました。
「どの仕事も魅力的。そしてどの仕事も大変。だったら、大変でも辛くてもやり抜ける仕事をしたい」と思ったからです。
決意を新たにしてからは、進路を教職一本に絞り、採用試験へ向けて勉強に励みました。
春からは、兵庫で体育講師としてスタートを切ります。
大学で学んだ理論と、自分の体験を生かし、生徒の可能性を広げられる先生になりたいです。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る