大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コース 3年 大阪府立金岡高校卒業

  • 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コース 3年 大阪府立金岡高校卒業

怪我で入院という不安と失意の中で感じた希望。

小さい頃から運動が好きだったものの、引っ込み思案で人見知りな私にとって体育の授業や放課後の部活は、
自分らしく過ごせる時間であり、周りの人たちとの大切なコミュニケーションの場でもありました。
勉強は得意ではなかったけれど、スポーツがあったから学校が楽しかったんだと気づいた時、将来は体育教員になって子どもたちにスポーツの良さを伝え、私と同じように消極的で人間関係を築くのが苦手と感じている子にも楽しい学校生活を送ってもらえるような手助けができればと思うようになりました。

大学入学後は、子どもたちへの指導力を養うために学習塾でアルバイトを開始。さらに、ラクロス部に入部して週5日練習に励みました。
体育教員という夢を追いかけながら、勉強、部活、アルバイトと忙しくも充実した毎日を送っていたのですが、
2年生の時に前十字靭帯を損傷して入院してしまったんです。
不安と失意の中で自分の将来を見つめ直していた時に、授業でスポーツ経営学という分野があることを知り、こういう形でスポーツと関わることもできるのかと大きな希望を感じました。

経営学という新しい視点を得たことで、可能性が広がりました。

私にとってのスポーツとはプレーヤーとして実践するか指導者としてサポートするかという直接的な関わり方しか頭になかったのでスポーツをマネジメントしたり商品化するというスポーツ経営の間接的な関わり方がとても新鮮に感じたんです。
さらに、これまでまったく知らなかった経営学という新しい視点を得たことで、興味の幅が一気に広がり、ファイナンシャル・プランナー3級の資格を取得。
勉強が苦手な私が自発的に机にかじりついたのは初めての経験でした。今は2級の資格取得に向けてさらに勉強に励んでいます。

大学は、新しい自分に出会えるという喜びがある場所。

3年生になってからは、スポーツ経営をより深く学ぶため国内外のスポーツ・マネジメントを専門とする相原正道先生のゼミに所属。
相原ゼミではチームで1つのテーマを深く掘り下げていき学内プレゼン大会「ZEMI-1グランプリ」だけでなく、
全国規模の大学ゼミナール対抗のコンテストにも参加して、研究成果を競い合います。
私たちのチームのテーマは、現在30%程度しかないスポーツ普及率を2020年の東京オリンピック開催時に65%まで向上させるためにはどんな取り組みが必要かというもの。みんなで案を出し合い、データを集めて考察した内容を笹川スポーツ財団が主催するSport Policy for Japanという大会をはじめ、複数のコンテストやフォーラムで発表しました。

大勢の前で堂々と発表する私も、資格取得に向けて自発的に勉強する私も教員以外の進路にも目を向けてみようと思う私も大学に入るまでは想像できなかった自分の姿です。何かに挑戦して新しい自分に出会うたびに、この大学を、この学部を選んで良かったと思っています。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る