大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(旅行) 経済学部 4年 広島県立福山明王台高校卒業

  • 内定者(旅行) 経済学部 4年 広島県立福山明王台高校卒業

教員を目指して大経大へ来たはずなのに、どこか熱中できない自分がいました。

高校でお世話になった先生に憧れて、教員を目指すようになりました。
良い教員になるには、教育とは別の分野を知っておくことも大切。そんな想いから、教育学部のある大学ではなく、あえて大経大を選択。
教職サークルの活動が活発だというのも魅力的でした。ところが、入学後は、教職サークルにはほとんど行かずじまい。
教職課程は取っていましたし、教員採用試験に向けた勉強もしていましたが、どこか熱中しきれない自分がいました。

だからこそ、ゼミでは大学時代を語れる何かを残したかった。メリハリの効いた雰囲気で「いろんな活動ができる」と感じた宮川教授のゼミを選択。
ZEMI-1グランプリでは、「価値を決めるのは何なのか」をテーマにしたプレゼンで優勝し、西日本インカレにも参加しました。
宮川ゼミでの経験は私を大きく成長させてくれたと思います。

教員?ブライダル業界?悩んだ末に行き着いた結論は…旅行会社。

就職活動が始まり、結婚式場のバイトをしていたこともあって、「一生の思い出をつくるブライダルの仕事」に興味を持ち始めました。
教員とブライダル。どちらもやりたいことだし、今の段階からあきらめてしまうと後悔する。
当面は、教職の勉強と就職活動を並行して続けることにしました。就職課に通い、職員の方に付きっきりで指導していただきながら履歴書を作成。
教員かブライダルかで迷っていることなど、いろいろ相談に乗ってもらいました。

ある日、図書館で教職の勉強をした後、進路支援センターをのぞいたら、センターはとうに閉まっている時間だったのに、担当の職員の方が出てきてくれました。
そこから1時間くらい「大丈夫なの?」「どうする?」と話しているうちに、「ああ、自分でも教員じゃないと思っている」と気づいたんです。
私がなりたいのは、思い出を作るお手伝いをして、誰かに幸せを提供すること。
それを聞いた職員の方が、「ブライダルだけじゃなく、視野を広げた方がいい」といろんな提案をしてくれました。

教職課程で学んだ知識が評価され、無事、第一志望の旅行会社に内定。

ブライダルは一生に一度だけど、旅行は何度も関わることが可能だし、リピーターが増えることは大きなやりがいにつながる。
すごく自分の中でしっくりくるものを感じたので、そこからは、ブライダルから旅行関係へと方向転換。
第一志望の株式会社日本旅行から無事内定をもらうことができました。内定の決め手として、人事の方から言われたのが「教養がある」です。
教員を目指して幅広く一般教養を勉強してきたことが、思わぬ場面で生きて、すごく嬉しかったですね。

回り道もしましたが、大経大に来たおかげで、いろんな道を提示してもらったし、いろんな可能性を見つけてもらいました。
将来は、教育旅行に携わり、教員を目指した経験を存分に生かしたいと思っています。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る