大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(住宅総合メーカー) 経営学部 4年 兵庫県立御影高校卒業

  • 内定者(住宅総合メーカー) 経営学部 4年 兵庫県立御影高校卒業

大学主催の「就活塾」に参加。社会に出ていく心構えができました。

将来就職する時に、きちんと社会について知っておきたいと思いました。
それなら経済学部か経営学部だなと思い、高校の先生に相談したところ
「ビジネスや企業について知りたいのなら、経営を学ぶべき。」とアドバイスしていただき経営学部へ。
会計の勉強は数字を扱うことが多く苦手に感じましたが、
「企業の人材育成」「組織論」といったテーマは面白かったですし、自分に合っているなと感じました。

3年生の秋から就職活動を意識しはじめ、「就活塾」に参加することに。
就活塾は、1泊2日の合宿から始まる本格的な就職活動講座です。
自己分析や履歴書の書き方から面接対策まで、みっちり就職活動に関するスキルを叩き込まれました。
就活塾を終えてすぐに面接が始まったのですが、もし何も準備していなかったら大変だったと思います。

自己分析から見えてきた、自分の就職活動の「軸」。

人の暮らしに密着した業界で働きたいと思い、化粧品業界、ファッション業界、住宅業界の企業研究をしていました。
特に住宅は、老若男女、誰にとっても身近な存在です。
一生モノの商品を売ることができる、ハウスメーカーの営業職に惹かれるようになりました。
数年前に実家を新築したことも大きいですね。
営業の方が、何度も自宅へ足を運び丁寧に説明してくださる様子を目の当たりにして、素敵な仕事だなと思いました。

大和ハウス工業株式会社の選考が進むにつれ「もっと企業について知っておかなければいけない」と感じるようになりました。
思い切って電話でアポイントメントを取り、女性営業社員の方に直接お話を聞きに行くことに。
説明会だけでは分からない「生の声」を聞くことで、ますます就職したい気持ちが強くなりました。

就職課の方のエールが、面接へ向かう力になりました。

就職活動全体を通して辛かったのは、面接のフィードバックがないこと。
就活塾であれば「その回答は良くない。」「もっとハキハキと。」など具体的にその場でご指導いただけますが、
実際の面接はなぜダメだったのか分からないまま不合格の連絡のみです。
どう改善したらいいか分からず、もどかしかったですね。
でも、そんな気持ちの時は就職課へ行き、職員の方と話すことで、前向きな気持ちになれました。
最終面接の前日に、「明日頑張ってね。」とエールをいただいたことは今でも忘れられません。
おかげで落ち着いて自分の話を伝えることができ、内定につながりました。

内定先の大和ハウス工業株式会社では営業を担当しますが、宅建の資格がなければ、お客様への説明ができません。
目下の目標は、宅地建物取引士の資格を取得することです。試験に向け、今のうちから勉強を始めます!

トップページへ戻る

ページトップへ戻る