大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(食品容器メーカー) 経営学部 4年 大阪府立高槻北高校卒業

  • 内定者(食品容器メーカー) 経営学部 4年 大阪府立高槻北高校卒業

第一希望の大学に落ちた悔しさをバネに、資格取得や勉強に励みました。

兄弟が有名私立大学に通っており、私も同レベルの大学を受験したのですが、結果は不合格。併願だった大経大の経営学部へ進学することになりました。
入学当初は落ち込みましたが、悔しさをバネにして勉強で結果を残そうと奮起。大学2年までに秘書検定と簿記2級を取得しました。
さらに、成績上位者に給付される大樟奨学金を2年連続で受給。
負けず嫌いな性格のおかげで、授業にも資格取得にも本気で取り組むことができました。

大学3年生になってからは、就職活動の準備として夏休みにインターンシップに参加しました。
実習先は、鈴木油脂工業様です。営業先や銀行などに同行させていただく中で、「営業」という職種に魅力を感じるようになりました。

インターンシップを通じて実感した、「営業職」の魅力。

一言で営業と言っても、人によってやり方はさまざまです。
インターンシップ先の営業は三者三様で、事例を見せながら説明するタイプ、魅力的に話して相手の興味を引くタイプ、逆に相手の話をとことん聞くタイプなどそれぞれの個性を生かして営業されていたのがとても印象的でした。「私も自分らしさを生かして働きたい」そんな思いから、就職活動では営業職を希望することに。

秋学期からは、合宿形式の就活塾「大樟塾」に参加して、履歴書の作成や面接の対策を行いました。
就職課の方からの言葉で印象に残っているのは「守破離」というアドバイスです。
まずは面接の基礎をしっかりと「守り」、それをマスターしたら自分らしく型を「破り」、最終的には型から「離れた」自分らしいやり方を見つけなさい、という意味です。「あなたにはもう基礎ができているから、基礎は一旦忘れて、自分らしく行けば大丈夫」と言われたことで、自分に自信が持てました。

あらゆる角度からの企業分析で志望企業にアプローチ。

就職活動の前半は商社を受けていたのですが、自分にとって身近であること、新しい製品を1から生み出す仕事であることに興味が湧き、
パッケージ業界を志望するようになりました。就職課で相談したところ、それなら株式会社エフピコという企業があるよと教えていただきました。
そこで、徹底的に企業研究することに。企業サイトやIR情報を読み込む、内定した先輩から話を聞く、といった情報収集はもちろん、
株式会社エフピコへの取材経験がある経済評論家の方へ意見を伺う機会もいただき、あらゆる角度から企業について調べることができました。
ゼミで四季報や日経テレコン、学内データベースで組織調査をしていたのですが、その経験が就職活動でも役立ちましたね。

株式会社エフピコの面接では、悔しさをバネに頑張れる性格をアピールしました。
企業研究を徹底的にした熱意が伝わり、内定をいただいた時は本当に嬉しかったです。
この負けず嫌いな性格を生かして、仕事でも結果を出したいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る