大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(商社) 経営学部 4年 大阪府立旭高校卒業

  • 内定者(商社) 経営学部 4年 大阪府立旭高校卒業

ビジネスについて深く学べる経営学部へ。

将来社会に出る時に、きちんと会社の仕組みについて知っておいたほうが良いと思い、経営学部へ入学しました。
大経大の経営学部は、“法と経営の融合”を掲げており、ビジネス法も深く学べる点が魅力的だと思います。
税法について学ぶのが面白く、ゼミでも租税法をテーマに研究しています。

また、大学2年生から3年生にかけては資格取得にチャレンジして、簿記2級、ファイナンシャル・プランナー2級(AFP)の資格を取得しました。
高校時代から数学が得意だったこともあり、資格のための勉強は面白かったです。
そのため自分には会計の仕事が向いているかもしれないと思い、進路として金融業界を意識するようになりました。

意識の高い仲間が集まる「大樟塾」に参加してモチベーションを高めました。

就職活動に対しては、「周りに遅れをとらないだろうか」「希望の企業に就職できるだろうか」など、始まる前は不安でいっぱいでした。
少しでもこの不安を取り除ければと思って参加したのが、就職課が主催する「大樟塾(就活塾)」でした。
大樟塾とは、就職活動のことはもちろんですが、内定をゴールとするのではなく、人間的成長をゴールとするものです。
おおよそ月1回集まりがあり、1泊2日の合宿などもありました。密度の濃い内容で、就職活動のイロハを教えていただきました。
大樟塾を通じて本気の就活仲間に出会えたこともありがたかったですね。
不安なのは自分だけじゃないことがわかり、「みんなで頑張ろう」とモチベーションが高まりました。

3月頃から本格的な就職活動が始まり、就職課へ通うようになりました。
最初は堅苦しいイメージで入りづらかったのですが、実際に利用してみると、職員のみなさんはとても気さくでした。
顔と名前をすぐに覚えて、明るい挨拶で接してくださいます。それが嬉しくて、些細なことでも相談に行くようになりました。

就職課の方の言葉が、落ち込んだ時の励みになりました。

関西勤務の金融系企業を多く受けていたのですが、4月から5月にかけては不採用が続き、気持ちが落ち込んでしまいました。
そんな時に就職課へ行くと「あなたと縁のある企業はきっと他にあるよ」と励ましていただき心強かったです。
また「金融業界に絞らず、いろんな会社を検討してみてもいいんじゃない」とアドバイスをいただき、幅広く企業を検討するように。
そして出会ったのが、内定先であるトラスコ中山でした。

商社であるトラスコ中山は、会社の雰囲気が明るい点、就職後のキャリアプランが充実している点が魅力的でした。
それまで地元で働くことを条件として就職先を選んでいた私ですが、
「この会社だったら全国で働くのも面白そう」と思えるほど、トラスコ中山のことが好きになり、第一志望に。
数回の面接を経て内定をいただいた時は、とても嬉しかったです。

こうして希望の企業から内定を獲得できたのは、就職課のおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです。
大学卒業を控えた今、改めて、大経大に入って良かったと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る