大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 人間科学部 人間科学部 4年 徳島県立池田高校卒業

  • 人間科学部 人間科学部 4年 徳島県立池田高校卒業

憧れの先生に出会い中学教師を目指す。視野を広げるため、あえて地元から離れた大学へ入学。

将来の夢は中学教師です。きっかけは、僕が中学生の時に出会った先生。
生徒思いの素敵な先生で、キラキラ輝いて見えました。
僕もこの先生と一緒に働きたい。そんな憧れから中学教師を目指そうと決意しました。
理想の教師になるためには、できるだけ視野を広く持ちたいと思いました。
そのため、地元四国から離れ都会の大学へ行こうと思い、インターネットで調べた大学の一つが大経大でした。

試験は四国で受けたので、入学が決まってから初めてキャンパスを訪れました。
最初は「想像していたよりも狭いなぁ」と感じました。今となれば逆に、その狭さが良かったと思います。
他学部の学生とも交流しやすいですし、密度の濃い学生生活が送れたからです。

学生だからこそ、さまざまなことに挑戦。学業も部活もプライベートも全力でした。

1年生の頃から、地域の高年齢者向け健康運動教室「きさんじ塾」に学生スタッフとして参加しています。
お年寄りとの触れ合いは、すごくいい経験になりました。
大阪という土地柄もあるのか、皆さんとても明るく、いつも笑顔で話しかけてくださるので僕も嬉しかったです。

スポーツを指導する際に重要なことは、危機管理。受講者の方を、怪我なく安全に活動させることが大切です。
こういった「リスクを意識する力」は、体育教師に欠かせないものだと思います。

きさんじ塾の他にも、今だからこそできることにチャレンジしました。
初めての一人暮らしに、串カツ屋でのアルバイト。サッカー部の活動に加え、中学生サッカーチームへの指導まで。
所属ゼミでは「スロートレーニング」について研究しました。
こうしたさまざまな経験をすることで、人間としての幅が広がり、理想の教師に近づけると考えたからです。
3年生になってからは、教員採用試験に向けて本格的に勉強しようと、試験対策講座に通い始めました。

教員採用試験に合格!春からは念願の教師になります。

教員採用試験は、筆記、面接、実技の試験があります。面接では、必ず自分なりの意見を言うよう心がけました。
受験生の8人中7人が同じ意見を言って、自分だけ違う意見だったこともありますが、逆にそこが評価されたようです。人間科学部の授業のおかげです。

念願叶って、春からは地元で中学教師に。今の教育現場では、保護者や地域社会、同僚などさまざまな関係性の中で求められる教師の役割が異なります。
でも僕が一番大切にしたいのは、生徒との関わり。
生徒が求める教師になることが、何よりも重要だと思いますし、それができれば他との関係もうまくいくと信じています。
大経大で得たさまざまな経験を糧に、理想の教師を目指して今後も頑張ります。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る