大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 人間科学部 人間科学科 メディア社会コース 3年 浪速高校卒業

  • 人間科学部 人間科学科 メディア社会コース 3年 浪速高校卒業

「広告という仕事で食べていける人がいる!」ということが衝撃でした。

高校3年生で大学選びに迷っていた時、目を引いたのが大経大の大学案内パンフレットです。
広告業界で働いている人間科学部卒業生のインタビューを読み、「ここを第一志望にしよう! 」と即決しました。
それまで、広告という仕事があることを知らなかったので、それで食べていける人がいるという事実が僕にとって衝撃でした。
人間科学部では2年生から3つのコースに分かれるのですが、弦間一雄先生のゼミに入りたくて、メディア社会コースへ。
広告代理店の第一線で活躍した経験を持つ先生から、ぜひリアルな広告業界を勉強したいと思ったからです。
広告に関する知識はゼロでしたが、弦間先生による「広告ビジネス論」では、
テレビの収益、スポンサーの存在意義、CMに託した企業戦略など、わかりやすく講義が進み、順調なスタートを切ることができました。

念願の弦間ゼミで、実践的な広告クリエイティブを研究。広告表現に夢中になりました。

3年生からは、念願の弦間ゼミに所属。実践的な広告制作を通して、キャッチコピーの技法といった企業戦略を伝えるための広告クリエイティブを学んでいます。
弦間先生に広告技法を一から叩き込んでいただき、町興しを目的とした神社イベントのポスター作りや、公募広告賞「宣伝会議賞」などにも挑戦しました。
広告を通じて自分らしさを表現していくことが楽しくて、夢中になりました。

イラストとキャッチコピーを組み合わせた作品で、広告コンテストの学生賞を受賞。

2016年度新聞広告クリエーティブコンテストでは、「過渡期」というタイトルの作品を応募。
キャッチコピーは「そろそろ『俺』にしたい」。
少年時代、『僕』から『俺』に一人称が切り替わるときの焦りや葛藤を表現しました。
今回は、キャッチコピーにあわせたイラスト制作にも挑戦。
子どもの頃好きだった絵と、大学で習ったデジタルの技術を融合させて仕上げた作品は、
「視点が新しい」「言葉はアイデンティティーなんだと感じさせる」「味のあるレイアウト」と高評価を得て、学生賞を受賞することができました。

将来はこのまま広告業界に進むことを希望しています。
そんなに甘くない世界だとわかっていますが、企業の広報など、宣伝に携わる仕事はたくさんあるはず。
夢に向かって歩み続けたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る