大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(食品メーカー) 人間科学部 4年 神戸市立神港高校卒業

  • 内定者(食品メーカー) 人間科学部 4年 神戸市立神港高校卒業

野球人生最大の試練が、「やるべきこと・やらないこと」を選ぶ大切さを教えてくれました。

スポーツに興味を持っていて、体育大学への進学も考えましたが、
高校の担任の先生や部活の顧問の先生が「体育や健康を学ぶならば大経大へ」とすすめてくれました。
健康に関する講義をたくさん取り、ゼミでは「スポーツコーチング」を研究。
「健康志向の高まりとスポーツ実施率の関係性」についての卒論を執筆中です。
スポーツ・健康の勉強と共に、僕の大学生活を語る上で欠かせないのが野球です。
小学校から野球を始めて、高校は3番ショートのレギュラーとして活躍。
大学でも硬式野球部に入部したのですが、結局ほとんど試合に出ることはありませんでした。
というのも1年生の秋、高校の時に痛めた肩が悪化し、スポーツ選手に多い「イップス」という運動障害を発症したからです。
原因は、体の調子を顧みず、決められたメニューを受け入れた自分の甘さ。
この経験が、「やるべきこと・やらないこと」を取捨選択する大切さを教えてくれました。

就職活動のキーワードは“取捨選択”。食から健康を支える企業を目指すことに。

ボールを投げることができず、つらい日々が続きましたが、仲間や家族の支えで、最後まで野球を続けることができました。
振り返ると後悔ばかりですが、失敗から多くのことを学べました。粘り強く続けて良かったと思います。

部活を引退した後、本格的に就職活動をスタート。
野球での故障の経験を踏まえ、「何をしたいか、まず取捨選択しよう」と、自己分析、履歴書作成、業界研究などを行いました。
その後、学校主催のマッチングセミナーに参加。卸売りなど、普段の生活では接点のない業種を知ることができたのは大きかったです。
卸は届ける。メーカーは作る。自分は直接的にお客様の健康に役立つものを作る仕事に携わりたい。
そこで“食で健康を支える食品メーカー”を選択し、就職活動を展開することに決めました。

「困難を乗り越える力」と「そこから得た教訓を仕事に生かしたい」をアピール。

面接では、野球のエピソードを中心に、困難を乗り越える力をアピール。
「真面目すぎるくらい全てを受け入れる部分があるので、そこを改善していきたいです」
「まず挑戦してみて、そこから取捨選択し、やるべきことを選別していくつもりです」と、
自らの体験から得た教訓をこれからの仕事にも生かしていきたいことを伝えました。
多くの企業から内定をいただき、正直迷いましたが、最終的に選んだのはマルコメ株式会社です。
「何でも挑戦してみて、そこから取捨選択していく」という企業姿勢が、自分と合っていると感じました。

入社後は、営業を希望しています。
製品をただ売るのではなく、健康への生かし方までお客様に一緒に届けられるような存在が目標ですね。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る