大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 経営学部 経済学部 3年 兵庫県立淡路三原高校卒業

  • 経営学部 経済学部 3年 兵庫県立淡路三原高校卒業

将来の選択肢を広げ、どんな人生も歩んでいけるように経営学部を選びました。

社会に出ると、どんな職場でも人を管理する能力がきっと必要になると考え、ビジネスや組織について学べる経営学部を志望しました。
いくつか大学を見ていくうちに、「経営と法の融合」を掲げている、大経大に興味を持ちました。
法の知識を学んでおけば、仕事だけでなく日々の暮らしでも役に立つはずだと思い、入学を決意。
実際に入ってみると、経営から倫理学、刑法まで、経営学部という枠にとらわれずに、想像していたよりもはるかに幅広い学びが待っていました。

新しい知識や考え方に出会えることに、どんどん興味が湧いてきました。

中でも衝撃を受けたのは、「倫理学Ⅱ」のトロッコ問題です。
1人が縛られている線路と5人が縛られている線路がそれぞれあり、そこに猛スピードで迫ってくるトロッコ。
自分自身は線路の切り替え装置を操作することができ、1人もしくは5人のどちらかだけを救うことができる。その時、どちらを助けるかというもの。
より多くの命を助けるべきという声が多かったのですが、本当にそうだろうかと考えました。
命に優劣はないので、どちらを助けるのが正しいと、すぐには答えられず、現実でそんな場面になった時、自分はどう行動すべきかいまだに迷っています。

正解も、模範回答もない問題を考えるというのは、初めての経験。
経営を学びに来たのに、思ってもみなかった科目で自分の視野が広がりました。
そこから、もっといろんな分野を学びたいという気持ちが湧き上がってきたのです。
たくさんの知識を得たいという気持ちはどんどん強くなり、膨大な科目が出題される公務員試験へ挑戦することに決めました。

公務員試験の勉強を通して幅広い知識を身につけ、人のために役立てていきたいです。

3年生から、大学が開講している公務員講座に通い始めました。
週4~5日は、専門の先生が指導を行う講座で、17科目の一般教養と16科目の専門科目を学んでいます。
さらに毎日4時間、過去問の問題集を解いたり、予習復習をしたり、自習の時間をとっています。
でも、大変さよりも学ぶ楽しさの方が勝っていて、自分でもこんなに勉強をすることが好きになるなんて、驚きです。
たまに勉強する気になれない日もありますが、一緒に講座を受けている友達と「今日は何時間勉強した。」と刺激しあったり、
趣味の読書で息抜きをしながら、勉強を続けています。

始めた頃は、知識を学ぶための手段として公務員試験を考えていました。
でも、少しずつ知識が身についていくにつれ、その知識を人のために役立てたいと思うようになり、公務員を本気で目指そうという決意が固まってきました。
今は一般企業は考えず、公務員一本で勝負しようと思っています。

どんな仕事でも生かせるように経営を学ぼうと入学した僕が、はっきりとした一つの目標を持つことができた。
学ぶ楽しさを教えてくれた、大経大のおかげだと思っています。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る