大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 特集:オープンキャンパス 経済学部 3年 兵庫県立宝塚西高校卒業

  • 特集:オープンキャンパス 経済学部 3年 兵庫県立宝塚西高校卒業

地域活動に興味があり、経済学部へ入学しました。

昔から地域活動に興味を持っていたので、地域の経済について学べる大経大の経済学部へ入学しました。
経済学は想像以上に幅広い分野を扱っており、社会科のように現代社会の経済問題を扱う授業もあれば、数学のように数式を使って理解するマクロ経済やミクロ経済の授業もあります。私は数学が好きだったこともあり、経済学の授業はどれも面白く感じましたね。

学業以外の活動では、オープンキャンパススタッフとしての活動に力を入れています。
2年生で初めてスタッフをした時は、オープンキャンパスの受付や誘導、高校生・保護者を案内するキャンパスツアー、相談に乗るフリートークを担当しました。
その際に、一人の高校生から「絶対ここに入ります!」と言われたのですが、なんと翌年、本当に入学してくれて再会を果たせたんです。
少しでも力になれたのが嬉しくて、翌年も迷うことなくスタッフをすることにしました。

経済学部の魅力を、オープンキャンパスで高校生に伝えたい。

3年生になって、2度目のオープンキャンパススタッフでは学部紹介を担当することに。
学部紹介をするスタッフは、広い教室で高校生や保護者に対して約15分間、自分の学部をプレゼンテーションしなければなりません。
既存の原稿を読むだけだと思って甘く見ていたのですが、原稿もスライドも自分で作ると知って、ちょっと焦りました。

オープンキャンパスの2カ月前からスライド作りに着手。
「高校生や保護者の求める情報は何だろう、どうすれば経済学部の魅力が伝わるだろう」と考えながらパワーポイントでスライドを作りました。
私が一番伝えたかったことは、経済学の幅広さです。“経済学では数学を使う”と聞くと、苦手意識から経済学部を避けてしまう人もいると思います。
でも、実はそんなに高度な数学を使うことはありませんし、私の学んでいる地域経済学のように自分たちの生活に身近な分野もあります。
さらに大経大の経済学部では、入学してからさまざまなことを学び、自分に合った進路を見つけられるカリキュラムが整備されているので、固定観念だけで経済学部を避けてしまうのはもったいないです。将来何がしたいかわからないという高校生にこそ、ぜひ経済学部をおすすめしたいと思いました。

高校生の背中をそっと押せるような存在になりたい。

そして迎えた、オープンキャンパス当日。
プレゼンする大教室には高校生・保護者合わせて100人以上の方が集まってくださいました。
まずは教授が学部紹介。その後が私の出番です。
特に緊張はしませんでしたが、経済学部の代表として話すという責任を感じながらプレゼンしました。高校生がうなずきながら真剣に話を聞いてくれて、ほっとしましたね。

プレゼン後、ある高校生から「経済学部のイメージが変わりました」と言ってもらえました!私が伝えたかった学部の魅力が、しっかり伝わったんだと思うととても嬉しかったです。もしかしたらこのプレゼンが、高校生の重要な進路選択に関わっているかもしれません。大学の代表としても、経済学部の先輩としても、背筋が伸びる思いですね。
来年もオープンキャンパススタッフとして、誰かの背中をそっと押すことができたらと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る