大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 教職課程 人間科学部2年 兵庫県立伊丹高校卒業

  • 教職課程 人間科学部2年 兵庫県立伊丹高校卒業

“体育嫌い・スポーツ嫌いをなくす保健体育教員”を目指して進学。

僕が高校生の頃、厳しすぎる体育の授業を憂鬱に感じている同級生がたくさんいました。
本来は楽しいはずの運動を嫌いになってしまうなんてもったいない。そんな想いから“体育嫌い・スポーツ嫌いをなくす保健体育教員”を目指すことに。

理想の教員になれそうな大学はどこかと進路を迷っていた時に見つけたのが、大経大の人間科学部です。
ただ保健体育の教員免許を取るだけなら、体育大学や教育大学でもいいのですが、“体育嫌いをなくす教員”になるためには、
心理的アプローチが必要だと考えていました。大経大の人間科学部なら、心理学の勉強もできるので僕の理想にぴったり。
入学後は、教育系の授業と並行して心理学系の授業も多くとるよう心がけました。

仲間と切磋琢磨できる環境が、教員への想いを一層強くする。

授業以外の時間も、教員になるという夢のために費やしています。
「教師のたまご」という教員志望の学生が集う教職サークルには、入学式当日に参加を希望。今では学年のサークル代表をやらせてもらっています。
また、他大学の教員志望者・現役教員と交流を図る「Tプロジェクト」という活動も行い、幅広い視点から、教員はどうあるべきか考えるようになりました。

教員というと、最近は敬遠されがちな職業なのかと思っていましたが、自分が思う以上に教員志望の仲間は多くいるということがわかり、励みになりました。
今年、採用試験に合格した先輩からも「あなたも、ぜひ私の後に続いて教員になってね」と応援してもらい、教員への想いは一層強くなりました。
こんなにも切磋琢磨できる環境は、大経大ならではだと思いますね。

教育ボランティアで見つけた新たな課題に、全力を尽くしたい。

大学2年生の夏休みには、中学校での学習支援ボランティアを経験しました。実際の教育現場で生徒と触れ合う機会は貴重です。
僕は普段、アルバイトで塾講師をしているので、学習支援ボランティアもすんなりできるだろうと思っていました。
けれど、その考えは間違っていましたね。
「勉強するぞ」という意識で塾に来ている塾生と、夏休みに中学校へ嫌々登校して勉強させられている生徒では、勉強に取り組む姿勢が全く違うのです。
塾のようにただ勉強をわかりやすく教えるだけでは、ダメなんだと痛感しました。

これからは、生徒一人ひとりの意欲や能力に応じた指導をしていくことが、僕の課題です。
理想である “体育嫌い・スポーツ嫌いをなくす保健体育教員”になるため、後半の大学生活も全力を尽くしたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る