大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 特集:3世代女性活躍プロジェクト 人間科学部 3年 兵庫県立北条高校卒業

  • 特集:3世代女性活躍プロジェクト 人間科学部 3年 兵庫県立北条高校卒業

児童指導員を目指して人間科学部へ。恵まれない子どもたちの先生になりたかったけれど…。

児童福祉施設で働く児童指導員、もしくは小学校教師として、将来は恵まれない子どもたちの役に立ちたい。
そんな想いから、児童指導員の任用資格と教員免許の両方が取得できる人間科学部へ進みました。
臨床心理学や発達心理学を学ぶ一方で、とにかく子どもに関わっていたいと最初の2年間は、学童保育でアルバイトを経験。
2年生の終わりにはフィリピンのストリートチルドレンを対象にした海外ボランティアに参加しました。

ところが、いろんな子どもたちと接するうちに、“子どもを叱ることができない自分”に気づくことに。
「自分自身がしっかりと正しい考えを持っているわけではないのに、私の考えを子どもに押しつけているのではないだろうか」。
何度も葛藤を繰り返し、最後は「自分は子どもたちを指導する先生は向いていない」という結論に至りました。

大経大に来たからには、ビジネスだって学びたい。オーラルケアの新製品企画に挑戦!

フィリピンでのボランティアから帰ったばかりの、3年生の春。
目標を失って「これからどうしようか」と考えていた時に、大経大が新たに立ち上げた産学共同プロジェクト『三世代女性活躍プロジェクト』の参加者を募集していることを知りました。
これは、大経大の現役女子大生、女子高生、大経大卒OGがタッグを組み、女性ならではの視点から、企業の課題解決に取り組むというもの。
2組のプロジェクトチームを結成し、各チームが考案した企画を企業に提案。
企画が選ばれたチームは、企業と本格的に商品開発を目指すことが目的です。
せっかく大経大に来たからには、経済や経営らしいことをしてみたいと考え、
即、参加を決意しました。

“鼻パックのように、歯の汚れが取れる実感がある”「歯パック」が見事採用に!

課題は、「プロジェクト参画企業である株式会社オカムラ様に対して、
“オーラルケアメーカーの新製品”を提案する」というものです。
最初は「商品企画って楽しそう」と簡単に考えていましたが、実際は想像以上の困難が待ち受けていました。
現役女子大生の中で、じゃんけんで負けた私がリーダーになったものの、商品企画は初体験。
最初は指導教員の先生の指示待ちで、与えられた課題に対して調べるというスタンスでしたが、
「もっと自分たちで動きなさい」と言われました。
ようやく企画が動きだしたのは、プロジェクト終盤の9月。オーラルケア市場の動向を調べたり、
同社の企業研究を行ったり、実際の売り場に出向いてお客様の傾向を探ったり。
さまざまな調査と試行錯誤を繰り返し、ようやくたどり着いた企画が「歯パック」です。
“鼻パックのように、歯の汚れが取れると実感がある製品という視点が斬新”と評価されて、
採用企画に選ばれました。

今回のプロジェクトのおかげで、新たに「ビジネス」にも興味が湧いてきました。
商品企画や営業など、幅広い職種を視野に就職活動に向けて動き出したいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る