大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 情報社会学部 情報社会学科 現代社会コース 3年 奈良県立香芝高校卒業

  • 情報社会学部 情報社会学科 現代社会コース 3年 奈良県立香芝高校卒業

これからの社会に必要なスキルを身につけたい。

高度に情報化していく、これからの時代を考えたときに情報に関する知識やパソコンスキルは欠かせないと思い情報社会学部を志望しました。
また、大経大生の先輩が楽しそうに学生生活を送っていたことと、他の私立大学よりも学費が安めだったこともポイントです。
「僕もこの大学に入りたい」と思うようになりました。

大学生になるまで、ほとんどパソコンを触ったことがありませんでした。せいぜいインターネットで検索をするくらいです。
なので、入学後にワードやパワーポイントなどのソフトを使うのには苦労しましたね。
最初はパソコンの得意な友人に教えてもらいながら、なんとか課題をこなしていくうちに慣れていきました。

プレゼンスキルや、情報の分析スキルを強化。

プレゼンをする機会が多いのも本学部の特徴だと思います。僕はあまり人前で話す経験がなかったので、初めて発表するときは緊張で震えが止まりませんでした。
「プレゼンテーション技法」という授業で、話す時のメリハリのつけ方やアイコンタクトの方法を学び、
何度も発表の機会を設けることで、今はあまり緊張しなくなりました。

所属しているゼミのテーマは「脳・体から見る情報社会」です。トレーニングを行うことによって得られるデータを基に、身体の性質を研究しています。
どの運動をするとどの筋肉がどう動くか、筋電図を測定し、その測定データをまとめています。
データの収集や分析、発表用の資料作りまで、全ての工程でパソコンは必須。授業を通して身につけたパソコンスキルが、ここでも役立ちます。
まだ研究の途中段階ですが、最終的には、この研究を卒業論文にまとめる予定です。

メディアリテラシーを身につけ、正しい情報を選択する。

最近、好きな授業は「国際文化論」です。世界で話題のニュースを調べて授業に臨むのですが、その際に重要視しているのはニュースの信憑性です。
先生からは必ず「その情報ソースは?」と聞かれます。情報に溢れる現代だからこそ、情報源を見極めることが大切だと学びました。
テレビだけでなく、ネットや新聞などさまざまな媒体からニュースを調べて、出典を確認する癖がつきましたね。
また国際文化に興味が湧いたので、少しでも海外文化を体験しようと、海外旅行へ行くようになりました。
訪れたのは、カナダ、インドネシア、グアムなどです。できるだけ現地の人と交流したいと思い、つたない英語で会話しました。

振り返って見ると、大学の授業やゼミのおかげで、さまざまな力がついたと思います。
パソコンスキル、プレゼンスキル、メディアリテラシーなどは身についてきたので、次は英語に挑戦して、もっと自分の世界を広げたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る