大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(陸運) 経営学部 4年 上宮高校卒業

  • 内定者(陸運) 経営学部 4年 上宮高校卒業

大学は就職までの準備期間。資格取得に力をいれました。

大学に入ったら、就職に向かって真面目に勉強したいと思っていました。大経大を選んだのは、資格取得サポートが充実しているからです。
受験前に、オープンキャンパスに参加したり、授業を見学したりしたのですが、環境もいいし、学生は授業中も休憩時間中も真面目そう。
ここでなら頑張れると思いました。

将来、どこに就職しても役立つ知識が身につくと考え、経営学部を選択。資格取得に一番力を入れました。
事務職希望なので、大学生のうちに、事務系資格をたくさん取っておきたいと思っていました。
1~2年生の間に、簿記2級、秘書検定2級、証券外務員2級、MOSのExcel、リテールマーケティング(販売士)3級の計5資格を、
大学の資格講座や講義の中で取得しました。

「話すことが苦手」「面接が不安」を大樟塾(就活塾)で克服。

いよいよ就職活動が始まる3年生。
インターンシップ、バーチャルリクルート、OB訪問、合同説明会など、次々に大学主催の就職サポートプログラムに参加しました。
特に良かったのが大学主催の「大樟塾」です。プログラムは身になったことばかり。中でも大きかったのはコミュニケーション能力の部分です。
話すことが苦手で、面接がすごく不安だったのですが、人の話を聞く姿勢、相槌を打つタイミングや受け応えの仕方まで、基礎から徹底的に教えていただきました。
何度も面接の練習が行われ、時には圧迫面接の練習も。すごくダメージを受けて、泣きまくった日もあります。
けれど、そうやって鍛えられているうちに、だんだん自分らしくアピールする方法が見えてきました。

「絶対無理」と思っていた鉄道会社への就職を叶えることができました。

事務職を目指してコツコツ努力してきた私ですが、実は、密かな「大本命企業」がありました。西日本旅客鉄道株式会社です。
高校生の頃から7年間、JRを利用していて、女性駅員さんの「女性ならではの気遣いを生かした接客」に憧れ、いつしか、その一員になりたいと思うように。
けれど、競争率も高いし難しいだろうと思っていたので、大学の合同説明会で気になった会社を中心に、就職活動を進めていました。
2社から内定をいただきましたが、自分にぴったりの会社なのかどうか、確信が持てず、ギリギリまで積極的に動き、西日本旅客鉄道株式会社にも挑戦しました。
長々と語らないよう、簡潔でわかりやすい回答を心がけ、長所として「人に寄り添い、サポートできる」点をアピール。
「絶対無理」だと思っていた西日本旅客鉄道株式会社から、運輸現業職の内定をもらうことができました。

夢を叶えられたのも、大経大が「大樟塾」のような機会を提供して、サポートしてくれたおかげです。
春からは、お客様に気持ちよく駅を利用していただけるよう、私自身がしっかりサポートしていきたいと思います。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る