大阪経済大学 SPECIAL VOICE! 在学生から見た「大阪経済大学」の魅力を一挙公開!!

大学案内・願書 資料請求

みんなにシェア

twitter

Facebook

  • 内定者(火災報知機メーカー) 経営学部 4年 香川県立高松商業高校卒業

  • 内定者(火災報知機メーカー) 経営学部 4年 香川県立高松商業高校卒業

さまざまな仕事を知りたい。その思いから複数のアルバイトに挑戦しました。

大経大に興味を持ったきっかけは、高校の先生です。先生が大経大の卒業生だったそうで「いい大学だよ。」と薦めてくださいました。
実家が自営業ということもあり、当時の私は将来独立して会社を経営してみたいと考えていました。
それにはお金の流れやビジネスを知っておかなければ、と思い経営学部への入学を決意。

入学後は、とにかくいろんな仕事を体験してみたいと考えアルバイトにも精を出しました。
お弁当屋さん、プールの監視員、飲食店のホール担当など。
アルバイトを通じて、色々な人と関わったり、業種ごとの仕事の流れを見ることができたりと、社会勉強になりました。

ビジネスを実践的に学んだことが企業選びにも役立ちました。

経営学部の授業のおかげで、企業のIR情報を読めるようになりました。
IR情報とは、企業が投資家へ向けて公開している経営状況や財務状況、業績動向などの総称です。
これらの情報から、企業の業績や今後の戦略などを読み取ることができるので企業研究にとても役立ちました。

3年生の秋から就職活動を意識し始め、就職課が開催する学内セミナーにはほとんど参加するようになりました。
内定先であるホーチキを知ったのも、大学での合同企業説明会がきっかけです。
業界2位の人気企業なので学生が多く、その時は話を聞くことができませんでした。
仕方がないので改めて、企業が主催する説明会へ参加することに。
この説明会で出会った社員の方がとても魅力的だったので、「ぜひこの企業に入社したい」と考えるようになりました。

面接では、他のどの企業よりもリラックスして話せました。

ホーチキ株式会社の面接前は、事前にWebサイトなどでIR情報をチェック。万全の体制で面接に臨みました。
他の企業の面接では畳み掛けられるように質問をされることもありましたが、こちらではじっくりと話を聞いていただけました。
特にアルバイトの体験談は盛り上がりましたね。
私自身、他のどの企業よりもリラックスして話せたように思います。
もともと企業の雰囲気が好きで志望していたので、相性が良かったのかもしれません。

無事内定をいただき、春からは京都支店で事務職を担当します。入社後の目標は、全体を把握できる人になること。
自分の仕事だけでなく、周りの人が今何をしていて、何を必要としているか、そういったことを意識した上で、営業を支える仕事ができたらと思います。
まずは企業で社会経験を積み、独立もできるような力を養いたいです。

トップページへ戻る

ページトップへ戻る