ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
101/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている101ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

税法会計コースのみ、次のような履修プログラムとなります。※注1「会計基礎論(中級)Ⅰ・Ⅱ」を修得した学生は、「簿記システム論」・「株式会社会計」の代りに、「会計基礎論(上級)Ⅰ・Ⅱ」を履修しなければなりません。なお、「簿記システム論」・「株式会社会計」の履修はできません。※注2「会計基礎論(中級)Ⅰ・Ⅱ」を修得していない学生は、「簿記システム論」・「株式会社会計」を履修しなければなりません。なお、くわえて「会計基礎論(上級)Ⅰ・Ⅱ」を履修した場合は、学科専門科目/(B)選択科目として単位認定されます。経営【再履修について】必修科目が不合格となった場合は、必ず再履修して単位を修得しなければ卒業することはできません。学部③学科専門科目/(B)選択科目(B)選択科目には、スペシャリスト養成コースの「コンサルティング」と「税法会計」2コースの主要な科目が配置されています。できるだけ低年次(配当年次が2・3・4の場合は2年次)に履修することをおすすめします。(B)選択科目コースの主要な科目があります。(B)選択科目の卒業必要単位を超えて修得した単位は、(C)選択科目の単位に振り替えることができます。他の学科またはコースの(B)選択科目を修得した場合、(C)選択科目の単位となります。卒業必要単位数コンサルティングスペシャリスト養成コース税法会計32単位42単位●ビジネスインターンシップ(コンサルティングコース)は、2・3年次配当の科目です。就職活動や職業選択にとても役立つ科目なので、できるだけ履修するようにしましょう。2・3年次以外では履修することができません。※この科目は、履修最高単位に含まず履修することができます。【特殊講義】特殊講義は、基本的な知識を学ぶ内容と、より専門的な企業経営に関する知識を学ぶ内容があり、必要に応じて開講されます。特殊講義には、経営学特殊講義、ビジネス特殊講義、法学特殊講義があります。それぞれの科目は『時間割表』と『シラバス(Web)』で内容を確認のうえ、履修してください。これらの科目はそれぞれ複数科目が開講されています。副科目名(サブタイトル名)が異なれば別科目とみなされますので、複数科目の修得が可能です。B-19