学部/大学院・教育内容

カリキュラム・ポリシー

全学カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

全学の学位授与の方針に掲げた能力を身に付けることができるように、各学部・学科等で教育課程を編成します。

(全学CP1)幅広い人間理解を身に付けるため、充実した教養教育を行う。
(全学CP2)各学部・学科の専門教育科目およびその他必要となる科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組み合わせた授業を開講する。
(全学CP3)主体的な姿勢が身に付き、思考力、判断力、表現力を獲得できるように、ゼミ教育やそれに準ずるさまざまな少人数教育を実施する。

学部別カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学部

経済学部の学位授与の方針に掲げた能力を身に付けることができるように、経済学部で教育課程を編成します。
(経済学部CP1)幅広い人間理解を身に付けるため、下記の科目群による教養教育を行います。
 ・人文・社会・自然科学科目によって幅広い人間理解を身に付けます。
 ・外国語科目によって外国語によるコミュニケーション力および他文化理解を身に付けます。
 ・情報処理科目によって情報化社会に対応する基礎力を養成します。
(経済学部CP2)経済学部の専門教育科目を体系的に編成します。
 ・学部基幹科目群において、経済学の基礎を身に付けます。
 ・専門科目群において、コース制度に基づいて、経済学および地域政策学の特定分野に関する専門知識を体系的に修得します。
(経済学部CP3)主体的な姿勢を身に付け、思考力、判断力、表現力を獲得できるように、下記のような少人数教育を行います。
 ・演習科目群において、自分で経済社会における問題を発見し、その解決を経済理論に基づきながら模索し問題解決へ導く力を養成し、同時に読む力・書く力・考える力・話す力を身に付けます。
 ・調査実習科目群において、地域社会・国際社会・企業・自治体にフィールドワークによって実際に触れます。
 ・キャリア科目群において、生涯にわたる社会との関係を理解し、社会へ貢献するために必要な能力について学びます。

経営学部

 第1 部経営学科、ビジネス法学科、第2部経営学科の3学科体制のもと、新たな価値を創りだす社会人を輩出したいと考えています。3学科間では広く相互履修を可能として、経営と法にわたる多面な知識の修得が可能となるように、以下の体制を取っています。

CP1 全学共通の科目履修により幅広い知識を修得するとともに、経営系、ビジネス法系の基礎科目などを通じて専門教育の基礎学習を行う。

CP2 組織の運営や発展に必要な経営学および法学の基礎的知識を原理原則から体系的に修得することをめざすカリキュラム編成・授業内容編成を行っている。経営学・ビジネス法学の修得に不可欠な科目を必修あるいは選択必修として段階的に学修する。

CP3 少人数制の演習科目(ゼミ教育)を開講している。そこでは既存研究の自主学習、研究発表、討議などを通して企画・立案・調査・論理的思考を学び、構想力や公正な判断力を養う。また、コンサルティングと税法会計に関するコースを開講し、より専門的なレベルをめざす学生の学修を支援する。

情報社会学部

情報社会学部では、「現代社会」「経営・経済」「情報コミュニケーション」という3つのコースを設けており、各コースにおいて専門的な知識と技能を体系的に学ぶのが基本となります。
 それでも、途中で関心が変わればコースを変更することもできますし、関心が複数のコースに広がれば所属するコース以外のコース科目を履修することもできます。
 このように、学びながら自らの関心を深めていくことができるよう、以下のような方針でカリキュラムを編成しています。

(情報社会学部CP1)
幅広い人間理解を身に付けるための教養教育と並行して、3コースの基礎を幅広く学修し、多様性への理解力を身に付けるための基幹科目群(必須)を置く。

(情報社会学部CP2)
各コースにおいて専門的な知識と技術を体系的に学ぶとともに、現代社会における諸課題の解決に意欲的に取り組むことができるよう、自由度の高いコース科目群と発展科目群を置く。

(情報社会学部CP3)
各コースの学びを実践的に体現する主体性を獲得できるように専門ゼミ教育を実施し、学びの集大成として「卒業論文」を書き上げるための卒業研究(必須)を置く。

人間科学部

 人間科学部では、卒業後の社会で活躍するに十分な学士力を養う教育として、以下の3点すべてを含んだ教育課程を編成し実施する。
1、勉学に必要となる各種の基本的リテラシーを修得するとともに、勉学の目的意識を獲得する。
2、人間科学部の3コースのいずれかの専門的知識とスキルを修得するとともに、創造性と思考力、実行力と情報発信力を身につける。
3、各種の授業を通じて、自主性と協調性、体力と精神力などの「人間力」を養う。