学部/大学院・教育内容

専攻科目一覧

カリキュラム紹介

*1…英語、中国語、朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語から1ヵ国語もしくは2ヵ国語を選択。
   ①1ヵ国語選択の場合→○○語を2年次まで履修する。
   ②2ヵ国語選択の場合→○○語・△△語を1年次の間に履修する。

*2…①~③までそれぞれ1科目2単位以上、および経済学入門、現代の日本経済、経営学入門、現代のビジネス、統計学入門、現代と統計、日本の憲法、法学入門、現代の法、キャリアデザインⅠ、キャリアデザインⅡ、キャリア形成スキルⅠ、キャリア形成スキルⅡから3科目6単位以上を修得しなければならない。
*3…専門実践演習は2年次配当科目です。

1年次2年次3年次4年次
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
全学共通科目
外国語科目*1○○語Ⅰ・
△△語Ⅰ
○○語Ⅱ・
△△語Ⅱ
○○語Ⅲ○○語Ⅳ
広域科目*2①思想と文化 ②歴史と社会 ③健康とスポーツ ④自然と生活 ⑤共通特殊講義 ⑥キャリア科目
学科専攻科目
基礎科目
基礎
人間関係の理論と実践/
基礎演習Ⅰ・Ⅱ
基礎
選択
心理学概論/臨床心理学概論/健康と運動/スポーツ健康科学概論/メディア論/メディア社会入門 etc
専門科目
専門*3
実践
演習
臨床心理学実践演習/社会心理学実践演習/マーケティングリサーチ実践演習Ⅰ・Ⅱ/マスコミュニケーション実践演習Ⅰ・Ⅱ/メディア学実践演習Ⅰ・Ⅱ/映像メディア実践演習Ⅰ・Ⅱ/スポーツ健康実践演習Ⅰ・Ⅱ etc
コース
専門
感情・人格心理学/人間関係の心理学/消費者行動論/メディアリテラシー論/スポーツ生理学/野外活動の理論と実際 etc
対人行動学/ファッション心理学/広告ビジネス論/メディア産業論/衛生・公衆衛生学/スポーツ医学/リハビリテーション概論 etc
精神分析学入門/産業カウンセリング論/量的データ分析法/地域スポーツ論 etc
演習科目専門演習Ⅰ専門演習Ⅱ卒業研究/卒業研究(心理演習)

授業紹介

映像メディア実践実習Ⅰ

映像表現の基本を、コンテンツ制作を通して実践的に学ぶ

デジタルメディアによる映像表現の基本的なプロセスを、実際のコンテンツ制作を通して習得。「映像で伝える」ために必要な、独自の表現技法を身につけます。
(担当教員:北市記子)

人間関係の心理学

人を好きになったり嫌いになったりする要因を社会心理学的に分析

社会心理学の対人魅力を中心に、自己と他者の理解や対人関係について学習。人間関係の形成・崩壊に関する社会心理学の理論を知り、コミュニケーションのあり方について考察します。
(担当教員:松田幸弘)

心理的アセスメント

さまざまな場面で使われる心理的アセスメントの基本理論を学び、実践

心理的アセスメントの基本理論や技法をおさえた上で、受講者自身がそのエッセンスをロールプレイなどのワークによって体験します。
(担当教員:古賀恵里子)

スポーツマーケティング

地域スポーツクラブの事業計画書を作成・分析・評価する

地域スポーツクラブの経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)をどのように確保し、どのように活用していくのか、その設立、運営、評価について実践的な学習を行います。
(担当教員:田島良輝)

広告表現論

変革期を迎える広告産業の世界的動向と基本知識を学ぶ

広告業界の世界的な最新動向を踏まえつつ、広告の基本知識からコピーライティング、デザイン、ストーリーテリングなど広告制作の実践法を学びます。
(担当教員:弦間一雄)

ヘルスプロモーション

健康支援に関する知識を深め、指導者としての力を養う

健康の維持増進をサポートする現場を体験。健康支援に関する知識を深め、スポーツ指導の現場で活用できる指導力とコミュニケーション力を身につけます。
(担当教員:江藤幹)

科目一覧

(A) 基礎科目

(A-1)基礎科目
人間関係の理論と実践、基礎演習Ⅰ・Ⅱ

修得できなかった場合は(A-2)区分から代替しなければならない。なお、人間関係の理論と実践、基礎演習Ⅰは必履修科目である。

(A-2)基礎選択科目
人間探究入門、情報リテラシー実習、心理学概論、臨床心理学概論、健康と運動、スポーツ健康科学概論、メディア論、メディア社会入門、ボランティア実習、インターンシップ

(B)専門科目

(B-1)専門実践演習科目
■現代心理学コース
臨床心理学実践演習、社会心理学実践演習

■メディア社会コース
マスコミュニケーション実践演習Ⅰ・Ⅱ、マーケティングリサーチ実践演習Ⅰ・Ⅱ、時事問題研究Ⅰ・Ⅱ、メディア学実践演習Ⅰ・Ⅱ、映像メディア実践演習Ⅰ・Ⅱ、メディア社会実践演習Ⅰ・Ⅱ

■スポーツ健康コース
スポーツ健康実践演習Ⅰ・Ⅱ


(B-2)コース専門科目
現代心理学コース
公認心理師の職責、知覚・認知心理学、学習・言語心理学、感情・人格心理学、神経・生理心理学、社会・集団・家族心理学、発達心理学、障害者・障害児心理学、健康・医療心理学、福祉心理学、教育・学校心理学、司法・犯罪心理学、心理学統計法Ⅰ・Ⅱ、心理学実験Ⅰ・Ⅱ、心理的アセスメント、心理学的支援法、産業・組織心理学Ⅰ・Ⅱ、人体の構造と機能及び疾病、精神疾患とその治療、関係行政論、心理実習Ⅰ・Ⅱ、ジェンダーの心理学、人間のセクシャリティ、対人スキル実習、人間関係の心理学、対人行動学、人として生きる倫理、広告心理学、ファッション心理学、芸術療法実習、精神分析学入門、認知行動療法、産業カウンセリング論、現代心理学コース特殊講義

「心理学統計法Ⅰ」「心理学実験Ⅰ」は必履修科目のため、2年次に必ず履修しなくてはならない。


メディア社会コース
社会問題論、消費者行動論、メディアリテラシー論、アートマネジメント論、世界遺産論、文化表現論、社会調査論Ⅰ・Ⅱ、異文化コミュニケーション論、社会学概論、メディア社会論、環境社会論、情報行動論、ライフスタイル論、消費社会論、グローバリゼーション論、市民社会論、文化人類学、観光文化論、社会統計学Ⅰ・Ⅱ、マスコミュニケーション論、広告ビジネス論、広告表現論、メディアアート論、ポピュラーカルチャー論、コミュニケーション論、メディア産業論、映画メディア論、広告クリエ―ティブ特別演習Ⅰ・Ⅱ、ジャーナリズム論、ソーシャルメディア論、グラフィックデザイン基礎実習Ⅰ・Ⅱ、情報メディア論、社会情報学、Webデザイン論、実践Webデザイン論、量的データ分析法、質的データ分析法、社会起業論、メディア社会コース特殊講義



スポーツ健康コース
スポーツ海外実習(ビジネス)、スポーツ心理学、スポーツ生理学、スポーツ社会学、こころとからだの発達、トレーニング概論、野外活動の理論と実際(野外キャンプ)、野外活動の理論と実際(スノースポーツ)、エアロビック運動の理論と実際(陸上運動)、健康とスポーツの理論と実際(水泳)、健康とスポーツの理論と実際(陸上)、健康とスポーツの理論と実際(体操)、健康とスポーツの理論と実際(柔道)、健康とスポーツの理論と実際(剣道)、健康とスポーツの理論と実際(ハンドボール)、健康とスポーツの理論と実際(バスケットボール)、健康とスポーツの理論と実際(バレーボール)、健康とスポーツの理論と実際(サッカー)、健康とスポーツの理論と実際(ダンス)、スポーツ運動学、スポーツ産業論、スポーツ解剖学、フィットネスの理論と実際、保健体育科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、保健体育科教師論Ⅰ・Ⅱ、スポーツ統計情報処理、衛生・公衆衛生学、スポーツ医学、スポーツバイオメカニクス、健康とエイジング、スポーツ栄養学、身体測定とデータ解析、運動処方、生活習慣病と運動、健康心理学、ヘルスプロモーション、リハビリテーション概論、コーチング論Ⅰ・Ⅱ、トレーニング論Ⅰ・Ⅱ、スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツ政策論、健康産業実習、スポーツテーピング・マッサージ、スポーツトレーナー概論、学校保健、フィットネスクラブ・マネジメント論、地域スポーツ論、スポーツ実務実習(ビジネス)、スポーツ健康コース特殊講義

(C)選択科目

(C-1)
(A)(B)区分の剰余の単位及び、本学科に配当されていない〔全学共通科目(2)〕の単位

(C-2)
日本史概説、西洋史概説、東洋史概説、法学概説、政治学概説、教育心理学概論、子どもの臨床心理学、学校カウンセリング

(D)演習科目

専門演習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究、卒業研究(心理演習)

専門演習Ⅰ・Ⅱは必履修科目である。修得できなかった場合は、(B)区分の科目で代替しなければならない。また、卒業研究(4単位)は必修科目である。ただし、「卒業研究」「卒業研究(心理演習)」はどちらか一方しか履修できない。在学期間が4年を超える者が卒業研究を修得できなかった場合は、(B)区分から新たに2科目4単位を修得し、代替することができる。