学部/大学院・教育内容

英語教育について(2)

「学ぶ喜び」と「使える自信」をつかむ大阪経済大学の英語学習サポート

授業の英語科目の履修だけで、英語学習を終わらせない。それが、大阪経済大学が提供する「英語学習サポート」の魅力です。本学では、「学んだ英語を使ってみたい」「独学でも積極的に学びたい」「違った角度から更に深く学びたい」といったニーズに応えるための、様々な英語学習のためのサポート体制が整っています。英語圏での長期留学や短期語学研修、TOEIC IP無料受験制度、英語資格の単位認定制度、各種セルフラーニングシステムの充実をはじめ、他大学との単位互換制度など、“学ぶ”段階から“使える”段階、そして “目標を追い求める”ための「英語力」を、大阪経済大学で獲得してください。

大阪経済大学 英語学習サポート A・B・C - ピックアップ

A.学んだ英語を活かす【実践の場】を提供【海外長期留学・短期研修制度】

英語圏の大学で学ぶ経験は、英語学習において貴重な刺激を与えてくれます。大阪経済大学では、在学扱いのまま海外留学が可能な「長期海外留学プログラム」を準備し、ひとりでも多くの学生が海外留学を経験できる機会を提供しています。短期の語学留学科目である「語学研修(英語)」では、本学キャンパスでの事前講義と、現地でのレクチャーやホームステイを通じて、英語コミュニケーションの即戦力を養います。ほかにも、本学に留学中の留学生を支援する「留学生チューター」として活動すれば、大阪に居ながら国際的なキャンパスライフを楽しむことも可能です。

B.自主的な学習意欲を積極的に支援【英語資格支援制度/セルフラーニングシステム】

大阪経済大学は、積極的に学ぶ学生を応援します。英語資格の取得支援制度もそのひとつ。TOEICを受けてみたいと思ったとき、まず活用できるのが、TOEIC IPの無料受験制度です。これは本学で実施されるTOEIC IP試験の受験料を、一定の条件のもとで、大学が負担する制度です。また、TOEICやTOEFL、実用英語技能検定試験 (STEP) で優れた成績を収めた学生には、その成績に応じて「資格英語 I / II 」という名称で所定の単位を認定する「英語資格単位認定制度」を導入しています。


こうした学生の自主的な学習意欲をサポートしているのが、大阪経済大学のセルフラーニングシステムです。本学では、KVCと呼ばれる学内ネットワーク上で、TOEIC対策プログラムを提供しています。また図書館には、英語のレベルに応じた多読本やDVD教材が揃っています。大阪経済大学では、「クラス仲間と学ぶ」、「一人で学ぶ」、どちらの学習スタイルにも対応可能な、自律学習のための支援体制が実現しています。

C.より専門的な英語学習環境を実現【関西外国語大学単位互換制度】

より深く英語を学びたい気持ちを、しっかりサポートするのも大阪経済大学の魅力。本学キャンパスでの開講科目の枠を超えて、英語の専門性を追求したい学生は、「関西外国語大学との単位互換制度」を利用して、より一層の英語力の研鑽を目指すこともできます。常に、英語学習に取り組む学生一人ひとりのニーズに的確に応えるということは、大阪経済大学における「英語学習サポート」の基本的な考え方となっているのです。

大阪経済大学の英語カリキュラムの基本を知りたい!
→「学ぶ」から「使える」までを幅広くカバーする大阪経済大学の英語カリキュラム