学部/大学院・教育内容

英語教育について(1)

「学ぶ」から「使える」までを幅広くカバーする大阪経済大学の英語カリキュラム

これまでに学んだ英語を、実践的に活用するための英語へ。大阪経済大学では、1年次から卒業年次まで、幅広い学習ニーズに対応する英語科目を提供し、学生一人ひとりの「使える英語」の修得をサポートします。ビジネス現場で広く採用されている英語コミュニケーション試験「TOEIC」の対策科目も豊富に開講されるほか、TOEIC試験への橋渡しとなる「TOEIC Bridge」をプレイスメントテスト(クラス編成用の英語試験)に採用。必修の英語科目(英語 I / II / III / IV )においては、1年次、2年次ともに習熟度別の少人数制クラス編成(英語Ⅰ/Ⅱの上位クラスでは20名以下)を実現しています。これにより、各クラスの英語レベルに応じた教育方針と学習プランが設定され、授業内容に反映されています。

英語の実践力を養う大阪経済大学の英語カリキュラムは、1年次の英語 I / II から、2年次の英語 III / IV 、そして学習者の興味と関心に応じて全学年で履修可能なオープン科目群から編成されます。また、学部独自の英語関連科目群も開講されるほか、自習用の各種オンライン・ラーニングシステムも整備され、学生の熱意に応えています。

大阪経済大学 英語カリキュラム 1・2・3 - ピックアップ

1.英語の基礎力に磨きをかける初年次教育【英語I/II】

入学時に実施されるプレイスメントテストの成績をもとに、1年次から習熟度別クラス編成による「英語 I (春学期)」と「英語 II (秋学期)」が配当されます。必修の英語科目については、リーディング・ライティングを中心とした「a」科目(英語 I a/ II a)と、リスニング・スピーキングを中心とした「b」科目(英語 I b/ II b)の2科目が、ペアで毎週編成されているのが大阪経済大学の英語カリキュラムの特徴です。「a」科目と「b」科目の各科目コンセプトは次の通りです。

●「a」科目: 語彙力と読解力を身につけることを中心に学びます。あわせて、自己表現力につながる基本的なライティングの習得を目指します。また、多様な教材を用いて英語と社会・文化の関係についても理解を深めます。

●「b」科目: リスニングとスピーキング技能の習得に焦点をあて、コミュニケーション能力を向上させることを目標にします。また、多様な教材を用いて英語と社会・文化の関係についても理解を深めます。

春学期に「英語 I a」「英語 I b」、秋学期に「英語 II a」「英語 II b」で各自の習熟度に応じた基礎的な英語力を習得します。
※経済学部の「英語 I / II 」については、「経済学部の英語教育について」を併せてご覧ください。

2.選べる必修英語科目で目的に応じた英語力を育てる2年次教育【英語Ⅲ/Ⅳ】

続く2年次に配当されるのが、「英語 III (春学期)」と「英語 IV (秋学期)」です。「英語 III 」と「英語 IV 」でそれぞれ「a」科目と「b」科目が毎週開講されます。「a」科目と「b」科目の各科目コンセプトは初年次と同じですが、2年次において特徴的なのは、必修の英語科目でありながら、学習者のニーズに応じた科目選択ができること。すべての受講生は、1年次の後半に実施されるプレイスメントテストの結果に応じて「上級」「中級」「初級」のいずれかのグループに配属され、各グループ向けに開講される英語科目群の中から、各自の学習ニーズに応じた受講希望科目を申請することができます。
選択可能な必修英語科目群は、次のとおりです。複数の教員が同一の科目を開講していますので、学生はシラバスを確認したうえで、自分の希望に沿ったものを選ぶことができます。

●英語 III a/ IV a : 「TOEIC」、「リーディング」、「ビジネス英語」、「基礎英語」
※「基礎英語」は初級グループのみで開講、「ビジネス英語」は初級グループでは不開講となります。

●英語 III b/ IV b : 「TOEIC」、「リスニング&スピーキング」、「ビジネス会話」、「基礎英会話」 
※「基礎英会話」は初級グループのみで開講、「ビジネス会話」は初級グループでは不開講となります。 
このように、2年次の時点から必修英語科目において学生の学習目標が履修に反映されることは、学生の自主性を尊重した英語カリキュラムであるといえるでしょう。

3.柔軟な履修プランで実践力を伸ばす全学共通教育【全学共通オープン科目(語学科目/英語教職科目)

英語を学ぶ目標は人それぞれ。また、学習動機が高まる時期も一人ひとり異なります。そこで大阪経済大学では、必修英語科目のほかに、全学共通・オープン科目として、どの学年でも選択科目として受講できる英語科目群を開講しています。たとえば、「TOEIC A/B」「リーディングA/B」「英語コミュニケーション I / II 」「語学研修(英語)」「外国語特殊講義(TOEIC上級演習/留学英語/集中上級英語)」は、1年次から卒業年次まで、学生それぞれのニーズに応じて、どの年次でも受講が可能です(注1)。
これらの他にも、学部独自の英語関連科目も開講されており、時代とともに多様化する学生の英語学習意欲の高まりに応えています。

実学的な英語教育を積極的に推進する大阪経済大学の英語カリキュラムは、1年次・2年次の必修英語科目をベースに、多様な選択科目群を効果的に組み合わせることで、学生一人ひとりが「オーダーメイド」感覚で、英語学習プランを設計できる体制を整えています。

(注1) 年度によっては開講されないクラスもあります。

大阪経済大学での英語学習についてもっと知りたい!
→「学ぶ喜び」と「使える自信」をつかむ大阪経済大学の英語学習サポート