学部/大学院・教育内容

人間科学研究科TOP

人間を深く見つめる2専攻を設置。臨床心理士の資格取得にも対応

人間科学研究科の特色

臨床心理学専攻(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 第1種指定大学院)

■実習の充実度は国内トップクラス
学内の実習機関「心理臨床センター」では常に多くの来談者をカウンセリングしています。さらに、本学は院生数を大きく上回る学外の医療機関などと実習先として提携しています。臨床実習の充実度は日本トップクラスで、多岐にわたる実習によって実力をつけることができます。

■臨床経験を積んだ教授陣
教授陣は、開業、医療、子ども支援、親子支援などの領域で実践経験を積んできた教員らが揃っています。そのため机上の空論ではない、臨床心理の実践家を育てるための実践的な指導ができます。また少人数でとても丁寧な指導を行っています。

→臨床心理学専攻の詳細はこちら
→臨床心理学を専門とする常勤スタッフの自己紹介はこちら

人間共生専攻

■スポーツとメディアのプロフェッショナルを養成
スポーツビジネス・健康関連産業・地域スポーツの指導者などを目指す「スポーツ健康コース」と、広告・映像などマスコミ、マーケティングのプロ、調査会社などを目指す「メディア社会コース」を設置。基礎領域から応用実践まで幅広いプログラムでスペシャリストを養成します。

■現実の職業的ニーズに合わせて現場を重視
本専攻では、現実の社会的ニーズに合わせて、実際の職業現場でのフィールドワークを重視します。幅広い関心と疑問を持ちつつ、専門的な知識とスキルを駆使して、社会に役立つプロフェッショナルを育成します。

修士課程

実証と理論、科学と実践を結合し、人間に多角的にアプローチ。

■臨床心理学専攻
(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 第1種指定大学院)
臨床心理学を中心とした授業科目を配置しています。教育の場におけるいじめや不登校、子どもの虐待など、また、医療における心身症やうつ病など、幅広い領域において心理学の専門的な研究を行い、それらの問題に対応できる実践家を養成します。

■人間共生専攻
コーチング・トレーニング・運動生理学・スポーツ経営学などを軸とした「スポーツ健康コース」と、メディア学・コミュニケーション科学・社会学・社会心理学などを軸とする「メディア社会コース」の2コースを柱に、実用的・実務的視点を重視して、現代の社会的ニーズに応える人材を育成します。

専攻のポイント

臨床心理学専攻(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 第1種指定大学院)

■少人数できめ細やかな指導
院生と教員の距離が近いことが特長で、一方通行の授業ではなく、院生が活発にかかわる少人数のきめ細やかな授業と指導を行っています。さらに、院生らは学外の経験豊富な臨床家らによるスーパーヴィジョンを受けて、力をつけています。

■治療的に聴く能力をつける
来談者のこころの援助になるような聴き方と臨床家の態度は、内容の濃い密接な指導によってこそ身につけることができます。豊富なロールプレイ訓練やケースカンファランスを通じて、治療的に聴く能力と、ケース理解力をみっちり訓練します。

人間共生専攻

■スポーツ健康のスペシャリストを目指す
スポーツ健康コースでは、健康の保持・増進を目的にQOLを向上させるスポーツ活動を積極的に支援する人材や、スポーツ文化を通して社会貢献できる人材を育成するため、実務的かつ科学的な教育プログラムを設置しています。

■メディア社会の職業プロフェッショナルを目指す
メディア社会コースでは、マスメディアを通じたコミュニケーションを分析し、マスコミなどのビジネス界をめざす実用的かつ学問的なプログラムを設置しています。

カリキュラム

Professor's Voice1

消費選択における他者の影響を学生発表と討議を交えて分析。

人間科学部准教授 小松 亜紀子
担当科目:消費者行動特論、専門演習Ⅰ・Ⅱ

消費者行動を社会心理的な側面から研究しています。消費者がいかに商品を選択するのか、どのような情報収集を行って意思決定をしているのか。そういった部分が消費者行動研究の対象であり、経営や社会心理など様々な分野からのアプローチが存在しますが、中でも友人や家族、同僚などの社会集団における関わりが消費選択にもたらす影響にフォーカスしています。研究科では「消費者行動特論」の講義を担当。“消費選択における他者からの影響”に関する具体的な調査や理論を紹介し、関連する事例を検討しています。授業の方式としては基本的に、私からの理論・研究紹介と、関連課題に対する院生の調査・プレゼンテーションに基づいて討議を行うセッションを、1回交代で行っています。本大学院では幅広い関心と高い目的意識を持った学生が多く、研究科の枠を越えて経営学研究科などから受講するケースも。したがって学生が発表するセッションでは、各自の関心や専門の知識を最大限に発揮してもらえるよう配慮しています。

Professor's Voice2

実習重視の指導体制のもと志の高い臨床家を育成。

人間科学部教授 黒木 賢一
担当科目:臨床心理学特論Ⅰ・Ⅱ、臨床心理実習

人間科学研究科・臨床心理学専攻修士課程の特長は何と言っても臨床量の多さにあります。1年の春学期に基礎的なカウンセリング方法を習得。1年~2年の春学期にかけて、週1日、「病院機関」「教育機関」「福祉機関」の3領域から院生の希望にあわせて外部実習を行います。また、1年の秋から始まる内部実習では、人間科学研究科付属の「心理臨床センター」で、実際のクライエント(来談者)を相手にカウンセリングを実施。それぞれが担当したケースを臨床心理実習(ケース・カンファレンス)にて取り上げ、ひとつひとつ丁寧に討議を重ねると共に、学外の臨床家に指導と助言を仰ぎます(外部スーパーヴィジョン制度)。本学の心理臨床センターには数多くのクライエントが来談されており、院生1人平均で4~5名を担当。この実習量や担当数は、日本の修士課程の中でも、特筆に値する多さだと言えるでしょう。このように恵まれた臨床指導体制のもと、本大学院では「志の高い臨床家」を育成していきます。

パンフレット、願書について