人間科学部TOP

学部/大学院・教育内容

人間の心と体。それを取り巻くメディア。総合的視点から、健康で幸せな未来を模索。

人間とはなにか、この大きな問いについて考えるとき「心」「体」そして「社会」の観点は欠かせません。人間科学部では「現代心理学コース」「スポーツ健康コース」「メディア社会コース」の3つのコースで、徹底的に人間の「心」「体」「社会」を追究。さまざまな角度から人間について考え、より健康的で幸せな未来像を模索します。実験やフィールドワークが多いのも大きな特徴です。その場限りのハウツー的な技能ではなく、どんな場面でも応用できる能力を身につけ、自由に将来のキャリアを描ける人材を育てます。

人材養成の目的

人間科学部では、人間を様々な角度から研究することを目標とする。人間の心や身体はどのようにはたらいているか、人間を取りまく社会や文化はどのように形成されているか、そして、その中に生きる人間とはどのような存在なのかを追究する。人間について総合的・学際的に学ぶとともに、フィールドワークや体験型学習を通じて心理、身体、社会、文化について専門的に探究することによって、人とつながり、人をつなげる力を育成します。

学びの特長

1 友人がたくさんできる1年次の「キャンプ実習」

人間関係の大切さを実体験するためのイベントとして、1年次には「キャンプ実習」が行われます。キャンプには、新入生を支援するキャンプサポーターと呼ばれる上級生も参加するので、新入生同士はもちろん、学年を超えた交流やつながりも生まれます。

2 各自の夢や目標に関連した専門性を深めるコース制

2年次から「現代心理学コース」「スポーツ健康コース」「メディア社会コース」の3コースにわかれ、それぞれの夢や目標に沿って専門性を深めます。相互に他コースの科目の履修も可能。これらを学際的に学ぶ「学際履修プログラム」も用意しています。

3 多彩なカリキュラムで教職や資格取得にも対応

教師を目指す学生は、「社会」「保健体育」の中学校教諭、「公民」「保健体育」の高等学校教諭の一種免許状の取得が可能です。また、社会調査士、産業カウンセラー(受験資格)や健康運動指導士(受験資格)などの資格取得にも対応した、多彩なカリキュラムが整備されています。

4年間の流れ

「基礎演習」などで基本的な学習の方法をマスター。
各コースの基礎科目を通して、コースの学問の概要も理解します。

1年次

3つのコース、または学際プログラムから科目を選択。
各コースの「実習授業」では、学問的な「実証」の仕方を学びます。

2年次

「専門演習」によって、各コースの専門を深めるとともに、
各自が関心のある研究テーマを設定し、調べていきます。

3年次

これまで学んだ各コースの「理論」と「実証方法」を駆使して、「卒業研究」に着手。
実社会を生き抜く力を養います。

4年次

コース紹介

多様な角度から「人間」を探求できる、充実の3コース制