キャリアサポート体制

学部/大学院・教育内容

充実したキャリアサポート体制

1 正課の授業で1年次から

キャリア教育

「できること」を強化し、「やりたいこと」を見つける。
学生のあらゆる可能性を広げるために、1年次から段階的にキャリア教育を行っています。

→キャリア教育について

2 公務員など難関試験突破もサポート

資格取得支援

学内には学生の資格取得やキャリアサポートを目的とした事務室が設置されています。さまざまな資格・試験対策講座に加えて、公務員や教員などの採用試験対策講座を実施。一部の講座を除き、キャンパス内で各講座を受講することができます。

→資格講座について

3 幅広い視野を身につける

国際交流

世界中の文化や政治、経済が密接につながり影響しあう時代、海外で異文化に触れることは非常に貴重な経験となります。大阪経済大学では世界14ヵ国27大学(2016年4月現在)と提携。留学や語学研修といった海外体験プログラムを整備するとともに、本学内における国際交流にも力を入れています。

→国際交流について

キャリアサポート2

1 高い教養と人間性の獲得を目指す

教職課程

大阪経済大学では、中学校・高等学校の教員免許状が取得できる教職課程を設けています。また、神戸親和女子大学通信教育部の「科目等履修生」として所定の単位を修得すれば、小学校教諭一種免許状の取得も可能。多彩なプログラムで、高い教養と人間性を兼ね備えた教育者の育成に努めます。

→教職課程について

2 就業体験を通して将来の進路を模索

充実のインターンシップ

関西の大学としては他に先駆けて、インターンシップを授業科目として単位化。実習の事前・事後講義に力を入れ、社会人としてのマナーや職業観の醸成を徹底しています。実習先での就業体験は参加者全員で共有。2015年度夏期は235の企業・団体へ476名の学生を派遣しました。

→インターンシップについて

3 社会から高い評価を受ける

就職支援

大阪経済大学では4年間一貫したキャリアサポートで、段階的にキャリア形成と就業マインドを育成。
学生自身が主体的に就職活動に取り組んでいけるようきめ細やかで丁寧な支援を行い、夢の発見&実現へと導きます。

→就職支援について

就職までの道のり

就職までの道のりを計画的・段階的に支援します。

大阪経済大学では4年間一貫したサポートで、段階的にキャリア形成と就業マインドを育成。特に3年次からは、学生自身が主体的に就職活動に取り組んでいけるよう、きめ細やかで丁寧な就職支援を行い、夢の発見と実現へ導きます。

就職活動を開始

大学生基礎力レポート

自分の性格や特技、興味のあることなどを把握するために、入学直後と3年次に実施。自分を客観的に見つめ、今必要なことは何なのかをイメージし、キャリア意識を高めていきます。

マンツーマン指導(個別相談)

進路についての相談や、履歴書添削から面接の心得など、就職活動に関するさまざまな事柄に個別に対応します。

大学生基礎力レポートとは?

大学での4年間を価値あるものにするためには、将来に対する明確なビジョンを持っておくことが大切です。入学時に行われる大学生基礎力レポートでは、自分が何に興味があるのか、何が強みで何が弱みなのか、何を学んでおくべきなのかなどを客観的に分析。将来の目標をクリアにして「専門の学問を修得する」「資格を取る」「語学を身につける」「サークルでコミュニケーション能力を磨く」といった具体的な4年間の行動プランを作成します。そして3年次にはその達成度合いを把握。目の前の就職活動へつなげていきます。

就職力を養う

就職支援

■業界セミナー
各業界の動向や仕事のやりがいなどを知る機会。就職活動前の貴重な情報源であり「働くこと」をイメージする機会でもあります。

■ヴァーチャルリクルート
架空の会社を設定し、会社説明会から内定に至るまでの一連のプロセスを体感。選考の全体像を掴みます。

■面接トレーニング
外部のキャリアコンサルタントに面接官を委託。基本マナーや好印象な応対を身につけ、自信を持って面接に臨めるようにします。

■学内企業説明会
本学学生と企業の出会いの場。3年次の3月、4年次の5月、10月などに開催し、2015年はのべ1,000社の企業が参加。2015年3月の説明会では、6日間でのべ7,300名の学生が参加。

■プレースメントセミナー
本学学生の採用を積極的に考えている企業が、学内で一社単独での説明会と採用試験も同時に実施しています。

■社会人プレデビューセミナー
内定後も親身にサポート。企業での新入社員研修の内容を実施し、社会や仕事に対する不安を払拭することで、スムーズに社会人生活に入ることができます。