学部/大学院・教育内容

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

入学者受け入れの方針

【教育目標】

 人間科学研究科では、複雑化した現代社会に「生きる人間」を、心、身体、社会、文化の視点からとらえ、また人間社会の諸問題を多角的に研究するために、「臨床心理学専攻」と「人間共生専攻」の2専攻を設置しています。

 臨床心理学専攻では、人びとの心の悩みに寄り添い、さまざまな心の問題に対応できる臨床心理士の養成を目標としています。そのために、学校領域、福祉領域、医療領域の3領域における外部での現場実習だけでなく、本学心理臨床センターでの内部実習(カウンセリング実習)を通して、「高い技能と志をもつ臨床家」の育成を目指しています。

 人間共生専攻では、「スポーツ健康」と「メディア社会」の2コースを設置しています。スポーツ健康コースでは、基礎的知識はもちろん、スポーツ健康分野の諸課題に学術的関心をもち、問題解決の意欲と行動力をもった人材の育成を目標としています。メディア社会コースでは、グローバル化・高度情報化が進む現代社会にあって、メディアの機能や役割を熟知するとともに、調査・分析など実践的・実務的なスキルをもった専門的職業人の養成を目指しています。

 

【求める大学院生像】

1、大きく変貌しつつある現代社会の多様な諸問題に関心があり、その解決に向けて学問的に貢献しようとする志をもち、自立的に研究を進めていく意欲のある学生。

2、現代社会における複雑な諸問題に多角的にアプローチするための、幅広い視野と柔軟な思考力、優れたコミュニケーション能力とグローバル化に対応する語学力をもつ学生。

3、《臨床心理学専攻》臨床心理学を理論的に学ぶとともに、カウンセリング実習において、謙虚に自他を知り、意欲的に学ぶ学生。

 《人間共生専攻》専門知識を理論的に学ぶと同時に、それを方策提言や諸活動の支援、人的マネジメントなどに実践的に活かす、行動力や応用力に富んだ学生。

カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針

 臨床心理学専攻では、臨床心理士になるために、(公財)日本臨床心理士資格認定協会のカリキュラムに沿った科目を配置しています。また、講義系科目と実習系科目をさらにリンクさせます。具体的には、「外部実習」ならびに「内部実習」については、「臨床心理基礎実習」および「臨床心理実習」において全院生が発表の機会を持つことを徹底します。また、これらの体験をベースにした研究論文(含修士論文)の執筆を研究指導及びその他の講義系科目においてサポートします。

 人間共生専攻では、今日の社会的ニーズに対応できる知識とスキルを学ぶことができる専門科目群と共通科目群を設置し、専門知識とスキルをもった職業人を育成します。

 本研究科では、指導教員から修士論文作成のための研究指導を受けるとともに、臨床心理学専攻では全教員が参加する臨床心理学実習、人間共生専攻では専門演習を配置し、しっかりした基本と複眼的なアプローチが身につくよう、カリキュラムに配慮をしています。

 

ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針

 臨床心理学専攻では、研究する力と実践的な臨床の力の両方を身に着け、大学院修了後もこれらの両方について継続的に研鑽する意思を持ち、志の高い臨床心理士になると認められる者で、かつ修了に必要な単位の修得と修士論文の最終審査に合格した者に学位を授与します。学位を授与された者には、(公財)日本臨床心理士認定協会がおこなう臨床心理士資格認定試験の受験資格が与えられます。

 人間共生専攻では、それぞれのコースに対応した高度な専門知識ならびにスキルを修得し、専門的な職業人として社会に貢献できる能力を身につけた者で、かつ修了に必要な単位の修得と修士論文の最終審査に合格した者に学位を授与します。

 修了に必要な要件は、臨床心理学専攻では30単位以上(うち、研究指導8単位)の単位修得と修士論文の合格、人間共生専攻では30単位以上(うち、研究指導8単位、専門演習4単位)の単位修得と修士論文の合格です。
 修士論文は、研究テーマ設定の動機や意義づけが明確か、十分な調査研究がなされ分析や考察が適切か、記述が明晰で論理構成が首尾一貫しているか、当該研究領域における独自性を有するか、といった基準により合否を審査します。