学部/大学院・教育内容

アドミッション・ポリシー

全学アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

大学全体の教育目標に定める人材を育成するため、教育目標、学位授与の方針に照らして、
次のような意欲と能力を備えた学生を受け入れます。
また、このような学生を公平かつ適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

(全学AP1)入学後の学修に必要な基礎学力を有する者。
(全学AP2)主体的に学ぶ素養をもち、その能力をさらに高めることに意欲をもつ者。
(全学AP3)多様な人々と協働しながら学び、議論を行うことに意欲をもつ者。

学部別アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

経済学部 (経済学科 ・ 地域政策学科)

経済学部の教育目標に定める人材を育成するため、教育目標、学位授与の方針に照らして、次のような意欲と能力を備えた学生を受け入れます。また、このような学生を公平かつ適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。
(経済学部AP1)入学後の学修に必要な基礎学力を有し、本学部で学びうる理解力を有する者。
(経済学部AP2)本学の経済学部で主体的に学び、地域社会、国際社会、企業社会で活躍する意欲をもち、長期的な視点で世の中の動態を把握することを目指す意欲をもつ者。
(経済学部AP3)多様な人々と協働しながら学び、議論を行うことに意欲をもつ者。

経営学部 (1部経営学科 ・ ビジネス法学科 ・ 2部経営学科)

「経営と法の融合」の理念のもと、この教育目標を理解し、「経営」と「法」の理論と実践的手法を身につける意欲のある者を受け入れることを基本としており、多様な入試制度により次のような者を選抜します。

 AP1 社会に関して幅広い興味や関心を持ち、さまざまな活動を通して自己の夢や目的の実現について積極的意欲を有している者。とりわけ、自律的な学修意欲と実践能力を有した者。

 AP2 経営学部の「経営と法の融合」に基づいて編成された諸科目を修得する能力と資質を備えている人物を受け入れる。具体的には高等学校の履修科目で経営学部の科目と関わりある分野の基礎的知識を有している者。

情報社会学部 (情報社会学科)

情報社会学部の教育目標に定める人材を育成するため、学位授与の方針に照らして、次のような意欲と能力を備えた学生を受け入れます。
 また、このような学生を公平かつ適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

(情報社会学部AP1)
現代社会におけるさまざまな分野に関心を持ち、入学後の学修に必要な基礎学力を有する者。

(情報社会学部AP2)
現代社会の多面的な理解に向けて、主体的に学ぶ素養を持ち、その知識・能力を高めることに意欲を持つ者。

(情報社会学部AP3)
現代社会における諸課題の解決に向けて、多様な人々と協働しながら学び、議論を行うことに意欲を持つ者。

人間科学部 (人間科学科)

 人間科学部では、これからの大学生活をおこなうに相応しい人物として、以下の3点すべてを持っている人物の入学を受け入れる。
 1、人間科学部の3つのコースのいずれかの勉学を修得しようという強い意欲のある人物
 2、専門教育を中心として入学後の勉学実施に十分な基礎的能力を有する人物
 3、大学での学びを活かして社会に貢献しようとする強い意思を持っている人物