学部/大学院・教育内容

教員の特色

社会人大学院における教員の特色をご紹介します。

専任教員と実務家講師が、理論と実践の融合を追求。



本学の誇る実績ある専任教員による学術教育と、社会の最前線で活躍する実務家講師による実践プログラムの融合により、専門的かつ実践的なスキル・ノウハウを提供。ビジネスリーダーとして活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

実務家講師からのメッセージ

法改正によって拡がった信託活用の可能性を追求

中森 亘
担当科目:信託法
北浜法律事務所
 パートナー弁護士


2007年9月の新信託法施行以来、ビジネス分野から高齢者などの財産管理、相続等に至るまで幅広い分野で信託を活用できる可能性が広がっています。講義では、まず信託の仕組みや機能など基礎的な事項を解説した後、証券化やM&A、事業再生、事業承継などに活用する商事信託から、高齢者などの財産管理や相続など民事信託といわれる分野まで信託の幅広い活用可能性について議論していきます。信託の活用可能性を探ることは企業経営や税務などの分野でも大きな武器となり得るでしょう。

新規株式上場によるメリットと必要な実務を解説

松井 佳彦
担当科目:株式公開実務/IPO特論
株式会社東京証券取引所 上場推進部 調査役




新規株式公開(IPO)は資金調達という目的のほかにも、優秀な人材の確保や海外展開への足がかりなど副次的メリットがあり、効果的に利用すれば企業を大きく発展させることができます。講義では、株式上場の意義やメリットについて実例を挙げながら解説。上場に必要な体制づくりや審査について説明します。IPOに特化した講義は希少であり、専門的な内容を取引所の社員から直接聞けるということで、会社員、自営業者、税理士志望者など幅広い方々が受講されています。