学部/大学院・教育内容

演習担当者

経済学研究科 演習担当者一覧

2018年度予定

研究コース
担当者
課程
担当
研究テーマ
備考
前期
日本とイギリスの若年失業および若年雇用政策。
後期
前期
企業経営のグローバル化の歴史と、グローバル化の社会への影響について。
後期
前期
19世紀後期イギリス経済思想史、とりわけF.Y.エッジワースの経済理論・思想。
後期
前期
国と地方の財政危機と財政再建に関する研究。
後期
前期
まちづくり、地域再生、自治体政策に関する実証的研究
後期
前期
国境を跨いで活動する法人に対する課税管轄の在り方について研究。
後期
前期
19世紀後半から20世紀初期までの日中関係に関する実証研究。
後期
前期
ドイツと日本の労働法理論の比較法研究、とりわけ派遣労働関係における派遣労働者の保護に関する理論研究。
後期
前期
マクロ経済動学、資産価格理論。
後期
前期
日本における所得・資産分布の変動。
後期
前期
地方自治制度。自治体ガバナンス。地域コミュニティ。都市公共交通政策。
後期
前期
統計学の理論研究。特に統計学における不変性。
後期
前期
中央銀行のプルーデンス政策(金融機関の健全性維持に向けた中央銀行の役割)。
後期
前期
独裁体制と途上国の社会経済のモデル分析。
後期
前期
自治体による中小企業政策、地域・都市の政治経済。
後期
前期
マルクス経済学原理論の現段階、EU通貨統合とユーロ危機。
後期
前期
CALLとコミュニケーション構造の研究、教育政策、国際教育開発。
後期
前期
望ましい行動を促す契約や制度などの仕組みに関する理論的研究。
後期
前期
中央銀行論(中央銀行の学際的研究)、アジアの金融統合・金融システム。
後期
前期
日米の地方自治と分権的財政システムに関する研究。
後期
前期
科学的不確実性の下での法的決定論。行政と市民の「協働」論。科学哲学をふまえた法制度論。
後期
前期
協力行動や制度設計に関する実験研究。
後期
前期
社会選択理論、メカニズム・デザイン理論。
後期
前期
公共財供給、寡占理論、および環境経済学分野での応用ミクロ的理論研究。
後期
前期
資本主義経済(市場経済)の特殊性についての研究。資本蓄積と再生産。
後期
前期
外れ値問題に対するベイジアンモデリング。
後期
前期
為替レート・為替相場制度に関する時系列分析を中心とした実証研究。
後期
前期
GIS(地理情報システム)を用いた中国の産業集積と政府の役割に関する実証研究。
後期
前期
農村経済の分析とその発展のための政策。
後期
前期
南北間における知的所有権保護規制に関する経済分析。
後期
前期
開発経済学、経済成長論に関する理論研究。
後期
前期
経済・社会制度形成の(非協力交渉)ゲーム理論。経済・租税政策の理論的考察。
後期
前期
社会政策、特に医療・年金・介護保障の制度分析。
後期
前期
中小零細企業が集積する産業地域の持続可能な発展に関する実証研究。
後期
前期
イギリス帝国史の観点からみたアイルランド史。
後期
前期
航空会社の競争戦略と産業政策、空港の民営化。
後期
税理士養成コース
前期
国と地方の財政危機と財政再建に関する研究。
後期
前期
日米の地方自治と分権的財政システムに関する研究。
後期
前期
国境を跨いで活動する法人に対する課税管轄の在り方について研究。
後期
ベーシックコース担当者は「研究コース」と同一です。