学部/大学院・教育内容

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

入学者受け入れ方針

【教育目標】

 経営情報研究科修士課程は、経営学、情報学の両分野を学際的に教授し、特に企業活動を支える情報分野、即ちファイナンス・アカウンティング分野およびビジネス情報システム分野に関する知識と諸技術に秀でた高度な専門性と技術力を備えたプロフェッショナル人材の育成を目的としています。

【求める大学院生像】

 学部卒業生に加えて、社会人や外国人留学生など多様な人材を広く受け入れ、理論と実践を複合的に学習・研究する次のような学生を求めています。

1.①経営情報専門家モデル、②企業財務専門家モデル、③情報教育専門家モデルの3つの専門家モデルを提供する大隅キャンパスでは、高度専門性を有する社会人を目指す、もしくは博士後期課程進学を目指す学生

2.社会人を対象とし「アカウンティング&ファイナンス・コース」を中心に提供する北浜キャンパスでは、実務経験で得た専門性を理論・実践の両面からさらに拡大・強化し高度金融・会計人材を目指す学生

カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針

 本研究科では、情報社会をリードできるスペシャリストの育成のため「インフォメーション(情報系)」と「アカウンティング・ファイナンス(財務・会計系)」の2つの分野に関わる実践的なカリキュラムを設定しています。

 本学専任教員に加えて、多数の実務家講師が講義を担当しており、豊富な講師陣を擁していることが、カリキュラムの1つの特徴です。これらの講師陣は、民間でマネジメント、ファイナンスに関わっている企業人が主体で、知名度も高く他大学を圧倒するものです。教育の質が落ちないよう、研究科長等が実務家講師に対し本研究科の教育目標の説明を行っています。

 また、専任教員から指導を受ける「研究指導」を必須科目として設け、研究のあり方、論文作成の方法を学生自身が積極的に学ぶチャンスを与えています。

ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針

 本研究科は、経営学、情報学の両分野を学際的に教授し、情報社会の中枢で活躍できる人材の育成を目標としています。この目標を踏まえ、修了に必要な要件(※)を満たした者に学位(経営情報修士)を授与します。

 学術性の高い研究論文である修士論文に代えて、課題研究レポートによる修士学位の授与も、場合によっては可能です。課題研究は主として社会人が行うもので、学生が実務的な特定の課題をとりあげ研究するものです。修士論文、課題研究レポートのどちらも、テーマとした研究の意義、目的、方法、および結果を的確にかつ論理的にまとめているか、またその内容を分かりやすく発表しているかなどが審査されます。発表に際しては、多くの教員と院生の参加により活発な討論・質問がなされ、その内容・質の向上に努めています。

※修了に必要な要件:
30 単位以上(内、研究指導8単位)の単位修得、かつ一定のレベルの研究論文(修士論文または課題研究レポート)の提出が必要。