ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
14/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

履修について履修登録とは自らの4年間の学修計画に基づき、学期毎に一定の規則に従って受講科目を選択し、届け出る手続きのことを「履修登録」と言います。履修登録されていない科目は試験を受験する資格はなく、単位を修得することはできません。以下の履修および履修登録に関する説明をよく理解して誤りのないようにしてください。履修に関する5つのアイテム①『履修のてびき』(本冊子)履修方法や学則・規程が載っており、卒業するまで利用するものです。大切に保管してください。わからないことがあったら、まず、履修のてびきを見て自分で調べる習慣をつけましょう。入学年度に一度だけ配布します。入学年度によって内容が異なります。②『授業科目年次配当表・時間割表』自分の所属する学部・学科・コースに配当されたカリキュラムと該当年度の時間割を確認することができます。新入生はガイダンス時に、2年時以降は秋学期の成績発表時に配布します。1人1冊しかありませんので、絶対になくさないようにしてください。授業について→p17③『講義計画(シラバス)』当該年度の講義内容等を掲載しています。授業を選択するための重要なツールです。Webでのみ参照することができます。内容変更があればその都度変更します。http://webj4.osaka-ue.ac.jp/syllabusから利用できます。④KVC・掲示板上記①②の訂正や追加等、あらゆる通知・連絡事項はKVCや掲示板を通じて行います。日々の確認を怠らないよう注意してください。※配布物は落丁以外、再度お渡ししません。紛失や汚損のないよう大切に取り扱ってください。!大学での学修生活には「自分自身の責任」が伴います。自分の不注意で起こる不利益は、あなた自身の責任となります。くれぐれも注意してください。卒業に必要な単位→p8教職について→p35、p52◆履修登録にあたって◆①履修ガイダンスには必ず出席すること。(1年生)履修ガイダンスでは学部・学科ごとの履修上の注意や講義科目の説明がありますので、必ず出席してよく理解してください。わからないことや疑問点があればその都度「教務部」窓口で相談してください。「早めに・正しく」理解することが大学生活を充実させる鍵となります。②カリキュラムの仕組み(体系)を知ってください。各学部・学科には段階的な学修を進めるために「履修順序」が設けられた科目があります。これは、ある科目の単位を修得しなければ、その上級科目として設けられている科目を履修することができない、というものです。一般に、上級年次に設けられた科目は、初級の科目の内容をすでに修得していることを前提として、その次の段階から講義を始めます。ですから初級の科目と上級の科目を同時に履修することはできません。配当表に定められている年次にはそういう意味があります。なるべく望ましい年次での履修を心掛けてください。③講義科目の内容を知ろう。Webの「講義計画(シラバス)」には各科目の講義内容等が掲載されています。履修を考えている科目の内容をよく確認してください。学習上の注意点や評価方法も記載されています。④卒業に必要な科目と単位数、資格に必要な科目と単位数を知る。卒業要件単位というのは卒業に必要な最低限の単位です。さらに教員免許状及び各種資格を取得するためには、これに加えてそれぞれに必要な所定の単位を修得しなければなりません。卒業までを見据えた充分な履修計画が大切です。12