ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
164/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている164ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前イケシマ池島シンサク真策〔経営学部〕■研究テーマ■担当科目■研究室会社法、有価証券法J館827企業の価値に対する法的問題について研究しています。また、会社のガバナンスにも、興味をもっています。■連絡方法ikeshima@osaka-ue.ac.jp大学生は何でも興味や関心をもってもらいたいと思います。私の授業がその興味や関心の一つになってもらえるよう講義をおこなっていきたいと思います。■名前■担当科目■研究室イシダアツシ石田淳〔人間科学部〕■研究テーマ数理社会学、社会統計学、社会階層と不平等、社会意識社会統計学、コミュニケーション論J館619■連絡方法aishida@osaka-ue.ac.jp社会学の研究対象は私たちの生きる社会そのものですので、大変身近な反面それを突き放して冷静に見ることも難しい。そこで、社会を一度突き放して見るための方法論や理論が必要になります。そのために、統計学やときには数学を使います。これらの方法論は一見取っつきにくいですが、社会を見る道具を体得し使うおもしろさをぜひ知ってほしいと思います。■名イ伊前トウ藤タ大〔経済学部〕■研究テーマイチ一■担当科目■研究室社会政策、福祉国家論J館821フリーター、ニートに代表される若年失業の発生および、その社会政策的対応■連絡方法t-ito@osaka-ue.ac.jp現代社会は、これまでにない大きな変化に直面しています。そのため、これまでの制度、システムでは十分対応できないという事態が生じています。みなさんとこの変化の内容およびその対応策について研究していきたいと考えています。もちろん学生生活の楽しみは勉強だけではありません。友人達とお酒を飲むことも非常に大事です。■名イ伊前トウ藤ヒロ博シ志〔情報社会学部〕■研究テーマ■担当科目■研究室中小企業論、社会起業論、地域社会と金融、国際経営論J館726中小・ベンチャー企業の新しいビジネスモデルと起業のあり方■連絡方法hiroitoh@osaka-ue.ac.jpここ数年、日本でもユニークな中小・ベンチャー企業が新しいビジネスモデルで市場の開拓やM&A(他企業の合併・買収)など果敢にチャレンジする例が増えてきました。このような時代認識のもと、やがて企業社会で活躍される皆さんには専門性(一定分野で通用する知識や技能)と人間性(人としての判断基準や感性)をバランス良く磨かれることを期待します。■名イ伊前トウ藤ヒロヒト裕人〔経営学部〕■研究テーマ■担当科目企業のグローバル化の歴史とその影響について■研究室企業論、経営史、国際経営史J館712■連絡方法hirohito@osaka-ue.ac.jp自分の学生時代を思い出すと、学生諸君にあまり説教じみたことを言える立場でもない。けれども、いつも言っていることを、一言だけ。大学で自分がこれだけは本当に勉強したと言えるものを何か一つは持って卒業して欲しい、と。58