ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
191/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている191ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名ヨシ吉前ノ野■研究テーマ■連絡方法タダ忠〔経営学部〕オ男■担当科目起業論、ベンチャービジネス論tyoshino@osaka-ue.ac.jp■研究室J館815破綻の危機にあるベンチャー企業の業績回復に着眼し、単なる経営資源の見直しにとどまることなく成長・発展の根源的な議論として企業再生を研究しています。学生の学習そして研究は、企業社会で戦える知恵を習熟することです。その上で、自分なりの課題を発見し、解決していく過程で本当の意味での実力を涵養できます。それは自分自身の個性の発見であり、他者との差異を表明することです。学生とのディスカッションを通じてそのヒントを提示し、将来の方向性を創造するダイナミックな授業を行いたいと考えます。■名前■担当科目■研究室ヨシムラダイゴ吉村大吾〔経営学部〕■研究テーマ■連絡方法現代のビジネス、経営学特論初級J館524雇用と企業社会の在り方について研究しています。特に、若者雇用行動と日本的経営の関係、知識経済下における労働市場・企業組織の新しい方向性について考えてます。大学生活には、主体的に動ける時間がたくさんあります。関心を持ったこと、やりたいことを実際に行動に移してみましょう。そこから得られた経験・人とのつながりは、大学生活、そして就職活動、その後の人生を有意義にするものになるでしょう。■名前■担当科目■研究室ヨジョウホクト四條北斗〔経営学部〕■研究テーマ現代型犯罪と刑事規制刑法、経済刑法、裁判法J館720■連絡方法hokuto-y@osaka-ue.ac.jp「すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を超え、弱い者は怠ける。」(高橋健二編訳『ゲーテ格言集』新潮文庫・1952年138頁より)皆さんは、どのように大学生活(自由な時間?)を過ごしますか。ちょっとくらい度を超してもいいから、大学生活を目一杯愉しんでください。■名前■担当科目■研究室ヨネカワマサシ米川雅士〔情報社会学部〕■研究テーマアルゴリズム論、アルゴリズム実習、ゲームデザイン論、ゲーム制作実習J館723コンピュータを使った地図はゲームや、経営戦略などに利用されることで身近なツールとなりました。このコンピュータを使った地図情報の利用拡大と負担軽減について考える。■連絡方法オフィスアワーの時間利用大学4年間は気がつけば終わっています。この4年間で自分自身の武器となる知識を身に着けて下さい。“勉強を一生懸命やる”“経験したことがない遊びに挑戦する”“海外旅行に行く”どんな行動にも無駄なことはありません。その行動によって何に気がつけるかです。卒業時に何も武器が備わっていないというようなことがないように頭を使って楽しく行動して下さい。■名前■担当科目■研究室リンイヨウ林怡蓉〔情報社会学部〕■研究テーマメディア・コミュニケーション論、現代社会の社会学、J館620マスコミュニケーション論、情報メディア論メディアを媒介にした社会的コミュニケーションの様態とインターネット時代におけるマスメディアの規範理論研究■連絡方法iyo@osaka-ue.ac.jpタブレットPCやスマートフォンの普及に伴い、情報化社会がいっそう進んでいます。誰でも手軽に情報発信できるSNSメディアが急速に普及する一方に、民主主義社会において重要な役割が期待されてきたマスメディアは様々な側面で変革が求められ、新たなポテンシャルが何なのかが模索されています。澄んだ眼差しで学び、情報社会を見つめていきましょう。85