学部/大学院・教育内容

伊藤 博志

高等学校での模擬講義・内容詳細

テーマ起業とファイナンス
担当教員伊藤 博志(経営情報学部 ファイナンス学科)
講義内容久しく閉塞状態に入っていた日本経済も少しずつ光明が見え出してきた。21世紀はあらためてチャレンジ精神や機動性に富むベンチャー型企業の時代だと考えている。そこで、新規ビジネスを立ち上げる、いわゆる"起業"をテーマにした講座を提供したい。ベンチャーとは何か、ニュービジネスとは、会社の仕組み、融資を受けるには、株式公開の意味、今後さまざまなビジネス分野で必要となる関連知識のエッセンスを伝えたいと考える。

また起業するときに課題となるのが、そのための資金をどうするのか、いわゆるファイナンスという点になる。それをどうやって克服するのかが、起業の成否の分かれ目であろう。

そうした問題を解決して成功してきた事例を紹介してみたい。たとえば楽天、ライブドアなどの新興勢力ともいえるベンチャー企業の仕組み(ビジネスモデル)、そのマーケティングやM&A(他社の買収・合併)の手法などにみる具体的な経営のあり方、さらには案外身近なもの(豆腐屋、自転車屋、本屋、中古車販売など)でユニークと思われるいくつかの起業事例を、ファイナンス(資金の調達)という視点から説明していく。