高大連携

井形 浩治

高等学校での模擬講義・内容詳細

テーマ日本最初の起業家-坂本龍馬
担当教員井形 浩治(経営学部 ビジネス法学科)
講義内容事業構想=企業の立ち上げ(起業)には何が必要とされるか? 例えば、それには新規開業についての専門知識(経営・財務)、経営資源[ヒト・カネ・モノ・情報]の確保が挙げられる。 加えて、自由闊達な発想力[囚われない力]=ベンチャースピリットも重要な要素となる。
海援隊と新撰組は、同時代の日本組織として200年以上の感覚的ギャップがある。海援隊(設立者:坂本龍馬)は、近代的組織であるのに対し、新撰組(発起人:近藤勇)は封建制組織であった。海援隊は、日本最初の近代的貿易商社ともいえる。その目的は「射利:手段を選ばず利益をねらうこと」という営利を社是としていた。
本講義は、日本最初の起業家とも呼べる坂本龍馬の優れた特質について学ぶ。