学部/大学院・教育内容

健康セミナー「百歳まで元気で生きる秘訣」

健康セミナー「百歳まで元気で生きる秘訣」

「生きがい」づくりを応援します

大阪経済大学大学院人間共生専攻では、20代の学生、社会人、留学生、定年退職された方など、様々な方が学んでいます。コーチング・トレーニング・運動生理学・スポーツ経営学などを軸とした「スポーツ健康コース」と、メディア学・コミュニケーション科学・社会学・社会心理学などを軸とする「メディア社会コース」の2コースを柱に、実用的・実務的視点を重視して、現代の社会的ニーズに応える人材を育成します。

このたび、以下のセミナー・“生きがい”づくり相談会を実施いたしますので、ぜひご参加ください。先着100名様に粗品を進呈いたします!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催日時】2018年1月15日(月)10:30~12:00
【受付開始】10:00~
【会  場】大阪経済大学大隅キャンパス E館2階 E21教室
【講  師】人間科学部教授 高井逸史
【内  容】10:30~11:30 セミナー テーマ「百歳まで元気で生きる秘訣」
      11:35~ “生きがい”づくり相談会
【受 講 料】無料
【申込方法】事前お申込み不要です。直接会場までおこしください。


★先着100名様に粗品を進呈いたします!!★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学院生の声【1】

研究テーマ 「子供の貧困問題と社会支援」
守口市在住、文学部哲学科を卒業し夏目漱石を研究しておりました。近郊で「哲学」を勉強しようと大学院を色々調べると、大阪経済大学大学院の人間共生専攻で「哲学」や「健康」など幅広い領域の学問を学べることを知りました。以前は大阪経済大学と聞くと、「経済」や「経営」しか学べないと思っていましたので意外でした。現在は指導教員の平等先生から、貧困問題に沿った書籍や地域の取組みなどを紹介して頂き、熱心かつ大変親身に指導して頂いております。また貧困問題をより深く探求するため、経済理論など経済学研究科の開講科目も受講でき、様々な視点から貧困問題を研究しております。瑞光四丁目駅からも近く通学が大変便利だという点も、大経大を選んだポイントの一つです。

指導教員(平等先生)のコメント
天野さんは、夏目漱石が大好きですが、非常に幅広い分野に旺盛な興味とリアルな問題意識をお持ちです。大手企業での勤務とご両親の看取りを経て、今は子どもの貧困問題をテーマに熱心に研究に取り組んでおられます

大学院生の声【2】

研究テーマ「レクリエーション運動・『歩育』における『新しいしくみづくり』の研究」

定年後、歩いて日本を一周するイベントに参加し、ウォーキングにはまり、約20年間日本ウォーキング協会のボランティアに携わっています。これまではウォークイベントに対しあまり深く考えたことがなく、ウォークイベントの持つ意味や哲学、諸外国の情勢を知りたく人間共生専攻に学ぼうと思いました。地下鉄で通学しており交通の便が大変いいので助かります。指導教員の田島先生から、スポーツ・マーケティングを教えていただき、ウォークイベントの満足度を調査・研究し、ウォーキングを『歩育』という視点で探求しています。

指導教員(田島先生)のコメント
『学ぶことに年齢は関係ない』とは言うものの、実際は“行うは難し”です。調査やマーケティング理論の習得に励む畑中さんの姿に、私はいつも敬意を持っています。最終段階の修士論文、共に頑張りましょう!