図書館・研究所

データベース検索

『経済史文献解題』データベース 利用の手引き(2016年4月更新)

(1)検索対象

※※この検索システムでは、現時点において『経済史年鑑』復刊第1冊(1955年刊行)から『経済史文献解題』の2015年版までを収録。1936年から2014年の間に発行された論文および図書の中から採録した文献を検索することができます。
※書名・論題、雑誌名、編著者、発行所、分類、解題(目次または[論文・図書]の要約)を入力対象としています。
※2016年4月現在、論文96,167件、図書53,105件を収録しています。

(2)検索システムの概要


 ①キーワード検索:
  書名・論題、雑誌名、編著者、編集・発行、分類、解題・目次を対象として検索することができます。
 ②詳細検索:
  入力されている項目別(解題・目次を除く)に検索を行うことができます。

(3)検索システムの説明

検索語の入力について
※キーワードの検索と各検索項目での部分一致検索については、単語単位での検索を行いますので、意味のある単語を検索語として使用して下さい。また、入力 した単語でうまく検索できない場合は、より長い意味のある単語で検索してみて下さい(例:「編集・発行[部分]=日本経済新聞」でうまく検索できない場合 には「編集・発行[部分]=日本経済新聞社」で検索してみて下さい)
※キーワードの検索と各検索項目での部分一致検索については、検索語をスペースで区切ることでAND検索を行うことができます。
※キーワードの検索と各検索項目での部分一致検索を英語で行った際にうまく検索できない場合には、「and」や「the」のようなよく使われる冠詞や前置詞を削除したり、「xxx's」の「's」を削除して検索を行ってみて下さい。

■検索結果の表示
※全文検索と項目別検索を利用した場合の検索結果は、発行年の新しい文献から順に表示されます。検索結果の一覧表示画面において「発行年」、「編著者 別」、「著書・論文別」の「昇順」・「降順」に並び替えることが可能です。なお「著者・筆者別」、「著書・論文別」に並び替えた場合は、文書名の文字コー ド順に表示します(ヨミ順では表示されません)。
※検索結果一覧画面において、表示件数を10件、20件、50件、100件、500件に変更することができます。(デフォルトは20件)
※検索でヒットした件数が多い場合には、結果表示までに時間がかります。