日本経済史研究所

髙橋亘(経済学部教授)

髙橋亘所員

〔専門分野〕 金融論

〔研究課題〕 中央銀行論 アジアの金融統合

〔最終学歴〕 オックスフォード大学

〔取得学位〕 修士(経済学)

〔研究業績〕 本学のデータベースはこちら

<論文>
「安倍経済学与中日経済関係」(『安倍経済学:分析与批判』李暁主編、人民出版社、2016年12月)

雑誌論稿 エコノミストレポート“金融政策の「総括的な検証」成長力の強化を伴わない”片翼飛行“「リフレ派」と決別に乗り出した日銀”(毎日新聞社『週刊エコノミスト誌』2016.10.11号)

Financial Cooperation in East Asia: Potential Future Directions
Chap 2 in Trade, Investment and Economic Integration of Volume II for Globalization, Development and Security in Asia, World Scientific, 2014/7

When central bank independence is challenged by unconventional monetary policies
Bruegel Blueprint Series,Vol.22,67-77p, Bruegel,2014/04

「金融政策と中央銀行―経済と経済学の間―」
(『国民経済雑誌』2086号、49-68頁、201312月)


Japanese Monetary Policy: Experience from the Lost Decades
INTERNATIONAL JOURNAL OF BUSINESS,Vol.18,No.4,2013/09

农业问题和投资过问题是中国首先要行的经济改革」
(『透中国经济:中国,下一个日本?』(浙江人民出版社)、20137月)

「安倍经济学”并非一改革」
(『東方早報』(上海)、20137月)


「中央銀行制度改革の政治経済的分析(試論);歴史的視点と憲法論的視点」
(『神戸大学ディスカッション・ペーパーシリーズ』、20132月)

「『日銀理論』批判を考える(1)」
(『神戸大学ディスカッション・ペーパーシリーズ』、20132月)

「中央銀行制度の政治経済的分析」
(『彦根論叢』394号、201212月)


The Japanese Financial Sector: From high growth to lost decades: Economic transitions from the perspective of market economy orientation” 
Chap 10 in East Asian Capitalism: Diversity, Change and Continuity, Oxford University Press2012/07

The Japanese Financial Sector: From high growth to lost decades: Economic transitions from the perspective of market economy orientation
(RIEB Discussion Paper Series(Kobe University),2011/10)

Financial Cooperation in East Asia: Its Future Directions
(RIEB Discussion Paper Series(Kobe University),2011/10)

The Challenges Confronting the Banking System Reform in China: An Analysis in Light of Japan's Experience of Financial Liberalization(written with K.Okazaki and M.Hattori)
(IMES Discussion Paper Series E-6(the Bank of Japan),2011/03)


A Financial System Perspective on Japans Experience in the Late 1980s (written with M.Hattori and Hyun Song Shin)
(IMES Discussion Paper Series E-19(the Bank of Japan),2009/08)

「日本の会計制度改革を巡って」
(
『金融研究』273号、20088月)


““The East Asian economies after the financial crisis: a role for the Japanese yen?” In H. Dobson and G.Hook ed. Japan and Britain in the Contemporary WorldResponse to Common Issues
(Sheffield Centre for Japanese StudiesRoultledge Curzon,2003/05

「金融調達と金融政策」
(『三田学会雑誌』951号、20024月)

最近の動向

論考等
雑誌論稿 第三者検証で日銀は独立性を取り戻せ〔出口の迷路〕金融政策を問う(14)

(毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2018.1.16号)
書評 村井明彦著『グリーンスパンの隠し絵上・下 中央銀行制の成熟と限界』
(「図書新聞」2017.11.18)
書評 吉岡桂子著『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』

(「山口新聞」等地方紙、2017.7.30)

学会報告等
●神戸大学主催「アベノミクス再考」での報告(「アベノミクスの問題点」)と浜田宏一エール大学教授(内閣府参与)との対談 2017.8.8 (招待講演)
●Bruegel - Graduate School of Economics, Kobe University主催 “Europe and Japan: Monetary policies in the age of uncertainty The 5th Bruegel - Graduate School of Economics, Kobe University conference“での報告(”Central Bank Independence under Changing Environment”),2017.10.2 (招待講演)
●Crawford School of Public Policy , Australian National University主催“Australia-Japan Research Centre (AJRC) Seminar”での報告(“Abenomics and the Bank of Japan”)2018.3.8. 


現在は「中央銀行の独立性:再考」に時間を費やしています。日本銀行の独立性を考えるうえで、江戸時代の堂島米市場の独立性、ロンドンCityの独立性などにも関心を持っています。


今後についても主に下記の研究プロジェクトに従事
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究 (S)「包括的な金融・財政政策のリスクマネジメント:理論・実証・シミュレーション」

2018年5月)